INS1500回線用の基板(パッケージ)~ビジネスフォン・PBXにINS1500回線を収容するための基板~

基板(パッケージの種類)

ISDN回線(INS1500回線)をこの基板(パッケージ)に接続して使用します。

スポンサーリンク

INS1500回線について

INS1500回線について簡単に説明しましょう。

INS1500回線は1回線で同時23通話

INS1500回線は1回線接続するだけで、最大23通話まで利用できます。

INS1500回線のチャネル構成は「23B+D」となっており、23の通話チャネルと1つの制御チャネルで構成されています。

通信速度が1.544Mbps

INS1500回線は23B+Dで構成されていますが、チャネル毎の通信速度は次のようになっています。

  • Bch:64Kbps(1チャネルあたり)
  • Dch:64Kbps
  • フレーム化情報:8Kbps

23B+D+フレーム化情報、合計すると約1.544Mbps。だからINS1500なんですね。

INS1500回線はメタルケーブルではなく光ケーブルで建物に引き込まれる

アナログ回線やINS64回線はメタルケーブル(銅線)を利用します。

一方INS1500回線は回線品質を保つために光ケーブルを利用します。

INS1500専用のDSUからビジネスフォン・PBX間はメタルケーブルで接続

光ケーブルで建物に引き込まれた後は、INS1500専用のDSUに接続されます。

INS1500専用DSUから先のビジネスフォン・PBXには4芯のメタルケーブルで接続します。

基板1枚に対して1本のINS1500回線を接続

INS1500回線は1回線で多チャネルの構成となっているので、INS1500回線用の基板1枚に複数のINS1500回線を収容することはありません。

基板1枚に対して収容できるのは1回線のみです。

INS1500にすればビジネスフォン・PBXの消費スロット数を節約できる

INS1500回線は1回線だけで23通話分の通話本数を確保できます。

使用する基板は1枚。

ではアナログ回線やINS64回線ではどうでしょうか?

アナログ回線を23回線収容した場合

  • 4回線用の場合:基板6枚使用
  • 8回線用の場合:基板3枚使用
  • 16回線用の場合:基板2枚使用

INS64回線を12本(24通話分)収容した場合

  • 2回線用の場合:基板6枚使用
  • 4回線用の場合:基板3枚使用
  • 8回線用の場合:基板2枚使用

アナログ回線、INS64回線ともに複数の基板を必要とします。

基板が増える分、ビジネスフォン・PBX本体の消費スロット数も当然増えます。

スロット数によってはビジネスフォン・PBXの筐体の架数を増やさなければならないケースもあります。

INS1500回線は消費スロットの節約にもなるわけですね。

INS1500回線は大規模容量タイプのビジネスフォン・PBXでよく使われます

INS1500回線は1回線で23本の通話ができることから、大規模容量タイプのビジネスフォン・PBXでよく使用されます。

大規模容量タイプのビジネスフォン・PBXを設置している次のような場所で利用されるケースが多いです。

  • 大手企業
  • 官公庁
  • コールセンター
  • ホテル

INS1500回線用の基板(パッケージ)1枚あたりに接続できる回線数

  • 1回線

INS1500回線用の基板(パッケージ)によく付けられる型番

  • PRI
  • PRIIU
  • PRIT

最後に

INS1500回線用の基板(パッケージ)は小規模容量タイプ~大規模容量タイプのビジネスフォンあるいはPBXの中では大規模容量タイプで利用されることが多い基板です。

逆に小規模容量タイプのビジネスフォンではサポートされていないケースもあります。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280