ISDN回線(INS1500回線)

INS1500回線は銅線(メタル線)ではなく、光ファイバーを媒体に使用したデジタル回線のことです。

スポンサーリンク

1回線で23通話

1回線で23通話

ISDN回線(INS64回線)やアナログ回線は、媒体に銅線(メタルケーブル)を使用しますが、ISDN回線(INS1500)回線では光ファイバーを媒体に使用して通信を行います。

1本の回線で23B+D(23通話分+1ch分はBチャネルの制御用)の通信が可能で、多数の回線を必要とする会社(特にコールセンターなど)に導入される事例が多いです。

基本的な機能はINS64回線とほぼ同様の内容となっています。

P-P接続のみサポート

ISDN回線(INS64回線)と違い、INS1500回線はP-P接続(Point to Point接)のみサポートしています。

よって、P-MP接続(Point to MultiPoint接続)の時に可能だったバス接続も利用できません。

光ファイバーからメタル線に変換

光ファイバーからメタル線に変換

ISDN回線(INS1500回線)は通常の電話回線と異なり、光ファイバーを通信媒体としますので、INS1500専用のDSUを接続することになります。

INS500専用のDSUから先は、4心のメタルケーブル(銅線)を使用して、ビジネスフォン・PBXに接続します。

(この4心のメタルケーブル(銅線)はINS1500専用のケーブルか、もしくはLANケーブルを使用します。ケーブルの先端についているコネクタの形状はRJ45、RJ48などの8極8心タイプになります。)

電源対策が必要

電源対策が必要

INS1500専用DSUはINS64のDSUと違い、別途外部電源を必要とします。

INS64のDSUの場合、媒体がメタルケーブル(銅線)なので、ケーブルから電源供給を受けることができます。

しかしINS1500専用DSUは媒体が光ファイバーなので、ケーブルから電源供給を受けることができません。

よって、AC(交流)もしくはDC(直流)の電源を別途外部から供給する必要があります。

しかし、何らかのトラブルで外部電源からの供給が途絶えてしまうと、23通話分の電話回線がすべて使用できない状態になってしまうので、INS1500専用DSUの電源供給には十分に対策を施しておく必要があります。

その対策として以下のような方法があります。

  • 無停電の電源回路を用意し、そこから電源を供給する
  • ビジネスフォン・PBXからDC(直流)の電源を供給する
  • ビジネスフォン・PBXからのDC(直流)電源をインバーターで交流に変換し、そこから電源を供給する

INS1500の料金

導入時の費用(税別) 施設設置負担金 51,000 合計:51,800
契約料 800
月額基本費用(税別) 回線使用料 31,000 合計:45,000
屋内配線使用料 2,000
機器(DSU)使用料 12,000
付加機能使用料 付加サービスにより異なる
通信料 加入電話と同様
  • (注)
  • 上記料金以外に1番号ごとにユニバーサルサービス料7円(税別)が必要

INS1500回線は基本的にダイヤルイン契約して使用しますが、その際67番号以上の電話番号を取得される場合は、「ダイヤルインエコノプラン」で契約した方が金額が安くなります。

ビジネスフォン主装置に接続しているすべての内線に対して個別の外線番号を割り当てる時などに利用します。(↓下表参照)

通常料金 1番号につき 800
ダイヤルインエコノプラン 500番号まで(定額) 50,000
501番号以上(1番号につき) 100
[通常料金時] (800+7)×67=54069
[ダイヤルインエコノプラン契約時] (500×7)+50000=53500

ダイヤルインに関しては「ダイヤルイン」の中の「ダイヤルイン(ISDN回線)」のページを参照してください。

スポンサーリンク
336×280