ISDN回線(INS64回線)

INS64回線は1988年にサービスが開始されたデジタル信号で音声通話サービスを提供する電話回線(局線)のことです。

スポンサーリンク

ISDN回線はデジタル回線

通常、電話回線といえばアナログ回線のことを指し、アナログ信号で音声通話を行います。

一方、ISDN回線(INS64回線)はデジタル信号を使用して通信を行うデジタル回線のことを指します。

デジタル回線はアナログ回線と比較して音声通話の品質が高く、ノイズにも強いので安定性が高い回線といえます。

回線自体の品質の高さに加えて、デジタル回線ならではの付加的な機能が充実しているため、海外に比べて日本ではより多く普及しています。

ISDN回線(INS64回線)は1回線につき2通話分(2ch分)の通話路を持っているので、一般家庭よりも会社での普及率が高い回線でもあります。

2B+D

2B+D

ISDN回線(INS64回線)とは「Integrated Services Digital Network」(総合ディジタル通信網サービス)の略称で、デジタル信号で通信を行う回線です。

「ISDN」は世界共通の規格の名称で、日本でのISDNサービスの一般的な名称は「INS」(Information Network System:高度情報通信システムの略)です。

日本は他国に比べてこのISDN回線(INS64回線)の普及が進んでおり、多くの会社で利用されています。

通常INS回線といえばINS64回線の事を指します。このINS64回線は1回線の契約で2本同時通話が可能となっています。

アナログ回線2本より安い

ISDN回線(INS64回線)は1本の回線で同時に2通話分の通話路を確保できるので、アナログ回線なら2本分に相当します。

電話回線ごとに必要となる電話加入権の料金ですが、アナログ回線なら2回線分(税別36,000円×2本)必要となるところ、ISDN回線(INS64回線)なら1回線分(税別36,000円)で済みますし、月額基本料金もアナログ回線2本分に比べて安くなります。

NTT 3級局 2級局 1級局
事務用 プッシュ回線 2,500 2,400
ダイヤル回線 2,500 2,350 2,300
INSネット64回線 3,530
住宅用 プッシュ回線 1,700 1,600
ダイヤル回線 1,700 1,550 1,450
INSネット64回線 2,780
  • (注)
  • 3級局(40万加入以上~)
  • 2級局(5万加入~40万加入未満)
  • 1級局(~5万加入未満)
  • 料金はすべて税込で記載
  • 括弧内料金はライトプラン(電話加入権(税別36,000円)不要のレンタル回線)の料金
  • 上記料金以外に1番号ごとにユニバーサルサービス料7円(税別)が必要
  • 表記は全て税別

DSU(網終端装置)が必要

ISDN回線(INS64回線)には回線1本ごとにDSU(Digital Service Unit:網終端装置)が必要になります。

ISDN回線は局(NTT)からのクロック信号(網同期信号)を受信することによって常時通信可能な状態に保つ必要があります。

このクロック信号(網同期信号)で同期をとることにより、アナログ回線よりも品質の高い通信が実現されているのです。

この同期をとり、常に通信可能な状態に保つためにDSU(網終端装置)が必要となるのです。

ISDN回線(INS64回線)を接続する機器により、DSU(網終端装置)も様々な形のものが存在しています。

外部DSU(網終端装置)

外部DSU(網終端装置)

通常、DSU(網終端装置)は1回線ごとに単体で接続します。

DSU(網終端装置)のLINEポートにISDN回線(INS64回線)を接続し、TEポートに目的の機器類(ビジネスフォン、PBX(電話交換機)等)を接続します。

内蔵DSU(網終端装置)

内蔵DSU(網終端装置)

ISDN回線(INS64回線)をアナログ信号に変換して、アナログ回線としての使用を可能にするTA(ターミナルアダプタ)などは、ほとんどの場合、DSU(網終端装置)をTA(ターミナルアダプタ)内部に内蔵しているので、DSUの存在を特に気にする必要はありません。

TA(ターミナルアダプタ)の他にもビジネスフォン・PBXのユニットにDSU(網終端装置)を内蔵しているタイプのものもあります。

P-MP接続とP-P接続

ISDN回線(INS64回線)にはP-MP接続とP-P接続の2種類の契約形態があります。

P-MP接続

P-MP接続P-MP接続は「Point to MultiPoint」(ポイント・ツー・マルチポイント)の略で、ISDN回線(INS64回線)を接続したDSUからバス配線で接続することにより、最大8台までのISDN専用端末を接続して使用することが可能です。(ISDN専用端末にはG4FAXやISDN専用電話機、ISDN対応ルータやTA(ターミナルアダプタ)があります。ビジネスフォン・PBXも接続可能です)

バス配線で接続された端末からは、どの端末からでもISDN回線(INS64回線)を利用することが可能となっています。(ただし、最大同時通話数は2通話までとなっており、早いもの勝ちとなっています)

バス配線でISDN端末を接続するにはISDN端末に2つ以上のTEポート(INとOUT)の差し込み口が必要になります。

差し込み口の形状はLANケーブルの先端のコネクタと同じ形状(RJ45・8極8心のコネクタ)のものが挿せるようになっています。

ISDN回線(INS64回線)契約時に、特に何か指定しない限り、通常は「P-MP接続」で契約されます。

P-P接続

P-P接続は「Point to Point」(ポイント・ツー・ポイント)の略で、INS64回線(ISDN回線)を接続したDSU(網終端装置)に対して、1つのISDN専用端末を接続します。

P-MP接続のようにバス配線という概念がないので、複数のISDN端末を接続して使用することは不可能となっています。

基本的にビジネスフォン・PBXでP-P接続の指定がある場合を除いてはこの契約をすることはほとんどありません。(ちなみにINS1500回線はP-P接続しかサポートしていません)

電話番号の最後に「#」

ISDN回線(INS64回線)はアナログ回線と違い、受話器を上げてから電話番号をダイヤルしてから数秒程度の待機時間があります。

そのため、電話番号をダイヤルしただけではなかなか発信動作を行いません。

アナログ回線を使用して電話をする場合、受話器を上げてから電話番号をダイヤルするごとに、局(網)に対してダイヤルした情報を順次送出します。

ISDN回線(INS64回線)を使用してダイヤルする場合は、受話器を上げてからダイヤルした情報を逐一送出せずに、一定時間経過(待機時間経過)してから、全部の情報を局(網)に送出します。

この待機時間(ダイヤル待ち時間)をスキップして、すぐに発信動作を行いたいときは、電話番号をダイヤルしたあとで、最後に「#」をダイヤルします。

この「#」をダイヤルすることでダイヤル待ち時間を省略してすぐに発信動作に移行するので、ISDN回線(INS64回線)で電話をかけるときは最後に「#」をダイヤルする、という風に覚えておくとよいでしょう。

擬似トーン

通常、電話機の受話器を上げて電話回線(局線)を使用するときには受話器から「ツー」という発信音が聞こえます。

使用する電話回線(局線)がアナログ回線の場合、この「ツー」という音は局(網)から送出されるのですが、ISDN回線(INS64回線)はデジタル回線ですので、この「ツー」という音は実際には電話回線(局線)上には存在しません。

ISDN回線(INS64回線)の場合は接続している機器自体が擬似的にこの「擬似トーン」を作り出しています。(下記参照)

  • ビジネスフォン主装置
  • PBX(電話交換機)
  • TA(ターミナルアダプタ)
  • ISDN専用電話機

サブアドレス

サブアドレス

ISDN回線(INS64回線)には様々な付加サービスが提供されていますが、その1つに「サブアドレス」があります。

ISDN回線(INS64回線)や携帯電話などからISDN回線(INS64回線)へ電話をするときに、サブアドレスを付加してダイヤルすることにより、そのサブアドレスに応じた端末を直接呼び出すことができます。

サブアドレスを付加してのダイヤル操作は次のようになります。

「電話番号」+「*」+「サブアドレス」

ISDN回線(INS64回線)の公衆電話からサブアドレスを付加して発信する場合の操作は、「電話番号」+「サブアドレスボタン」+「サブアドレス」+「スタート」となります。

社内用などにこのサブアドレスを利用すれば、社内の特定の内線電話機を直接呼び出すことが可能なので、取り次ぎが不要になり、業務効率があがります。

サブアドレスはISDN回線(INS64回線)に実装されている基本的な機能の1つなので、別途利用料金が発生するということはありません。

発信者番号通知

発信者番号通知

ISDN回線(INS64回線)でiナンバーやダイヤルインを契約すると、複数の番号を利用することになります。

この複数の番号の中からであれば、どの番号でも相手に電話をかけた時に通知させることができます。

ビジネスフォン・PBXにISDN回線(INS64回線)を収容している場合はビジネスフォン・PBXのデータを設定をすることで、内線電話機ごとや、仮想内線(ダミー内線)ごと、電話回線(局線)ごとに相手に通知したい番号を選択することができます。

TA(ターミナルアダプタ)を経由して電話機やFAXを接続する場合は、TA(ターミナルアダプタ)のアナログポートごとに相手に通知する番号を設定します。

DSU(網終端装置)を経由してISDN専用端末を接続する場合は、そのISDN専用端末に対して相手に通知する番号を設定します。

着信番号通知

ISDN回線(INS64回線)は、着信時に相手の番号を表示させることができます。

アナログ回線の場合、別途ナンバーディスプレイサービスを契約する必要がありますが、ISDN回線(INS64)回線の場合、別途ナンバーディスプレイ契約をしなくても相手の番号を自動的に通知してくれます。

(ただし「非通知」や「通知不可」などの通知はされません。これらの通知を受けたいときは別途ナンバーディスプレイ契約が必要となります)

iナンバーで最大3番号まで取得可能

ISDN回線(INS64回線)には、iナンバーというサービスが提供されています。

ISDN回線(INS64回線)は1回線の契約で、1つの電話番号、2本同時通話が可能ですが、iナンバー契約をすることで、1回線の契約で、2本同時通話は変わりませんが、最大で3つの電話番号を取得することが可能となります。

2つの電話番号契約時は、月額300円(税別)のiナンバー使用料を支払います。3つの電話番号契約時は、月額400円(税別)のiナンバー使用料を支払います。

複数の電話番号を取得することで、1本のISDN回線(INS64回線)だけで代表用の電話番号、FAX番号、社内用の電話番号といった使い方が可能となります。

詳しくは「iナンバー」のページを参照してください。

ダイヤルインで効率的に利用

ISDN回線(INS64回線)を複数本契約して、複数の電話番号を取得して利用されたいお客様にはダイヤルイン(代表ダイヤルイン)契約することをおすすめします。

複数本のISDN(INS64回線)を1つのダイヤルイン群としてグループ化することで、電話回線の利用率を効率的にすることができます。

詳しくは「ダイヤルイン」の中の「ダイヤルイン(ISDN回線)」のページを参照してください。

ダイヤルイン(代表ダイヤルイン)は物理的な回線を増減することなく、電話番号のみ増減させることで、回線の月額の基本料金を抑えることができます。

くわしくは「コスト削減のためには」の中の「電話回線(局線)の契約状態は?」もあわせて参照してください。

スポンサーリンク
336×280