ISDN回線用(INS64回線)の基板(パッケージ)~ビジネスフォン・PBXにISDN回線(INS64回線)を収容するための基板~

ISDN回線用(INS64回線)の基板(パッケージ)には次の回線を接続できます。

  • ISDN回線(INS64回線)
  • ひかり電話などのIP電話(VOIPゲートウェイからBRI接続)
  •  ほかのビジネスフォン・PBXからのISDN内線

ビジネスフォン・PBXに収容されたISDN回線(INS64回線)は、内線電話機(多機能電話機、一般内線電話機等)で共有して使用することができます。

スポンサーリンク

ISDN回線用(INS64回線)の基板(パッケージ)への接続方法

ISDN回線(INS64回線)にはDSU(デジタル回線終端装置)が必要となります。

このDSUをISDN回線(INS64回線)のどのポイントで接続するかによって、ISDN回線用(INS64回線)の基板の接続構成も変わってきます。

DSUがISDN回線用(INS64回線)の基板に内蔵されている場合

  • ISDN回線用(INS64回線)の基板にはU点・2線で接続

ISDN回線用(INS64回線)の基板にDSU用のオプション基板(ドーターボード)を追加実装させる場合

  • DSU用のオプション基板(ドーターボード)にU点・2線で接続
  • DSU用の基板とISDN回線用基板間をT点・4線で接続
  • ISDN回線用(INS64回線)の基板に追加実装するので、ビジネスフォン・PBX本体のスロットを別途消費しない

DSU用の基板(パッケージ)をISDN回線用(INS64回線)の基板とは別で用意する場合

  • DSU用の基板(パッケージ)にU点・2線で接続
  • DSU用の基板とISDN回線用基板間をT点・4線で接続
  • ビジネスフォン・PBX本体のスロットを別途消費する
  • ISDN回線用(INS64回線)の基板はDSUが不要

外部DSUを別途用意する場合

  • ISDN回線(INS64回線)は外部DSUにU点・2線で接続
  • 外部DSUで4線(2B+D)に変換後、ISDN回線用(INS64回線)の基板に接続
  • ISDN回線用(INS64回線)の基板はDSUが不要
  • 外部DSUのほか、DSU内蔵のターミナルアダプタ(S/T点端子あり)も利用可能

ターミナルアダプタ(TA)&銀行端末&ビジネスフォン(PBX)でISDN回線(INS64回線)を有効利用

外部DSUの選択肢の1つとして、銀行端末用のターミナルアダプタ(TA)があります。

銀行用端末は利用頻度が低く(月に数回程度)、基本的には発信でしか使用しません。それだけのために月数千円の月額基本料金をかけるのは少しもったいないと思いませんか?

そこで次のように接続し、少しでも回線の利用効率を高めてみてはいかがでしょうか。

  • ISDN回線(INS64回線)をターミナルアダプタ(TA)にU点・2線で接続
  • ターミナルアダプタ(TA)と銀行端末間をUSBまたはシリアルケーブルで接続
  • ターミナルアダプタ(TA)のS/T点端子とISDN回線用(INS64回線)の基板をT点・4線で接続

これで銀行端末、ビジネスフォン・PBXの両方でISDN回線(INS64回線)を共用することができます。

ISDN回線用(INS64回線)の基板(パッケージ)1枚あたりに接続できる本数

  • 1本
  • 2本
  • 4本
  • 8本

 ISDN回線用(INS64回線)の基板(パッケージ)によく付けられる型番

  • BRI
  • BRIU
  • BRIT
  • ICO
  • ICOU

最後に

ISDN回線(INS64回線)は海外では類を見ないほど日本の企業においては非常に普及率の高い電話回線です。

  • デジタル回線ならではの各種サービスが提供されている(発番号通知、サブアドレスなど)
  • 安定した高い回線品質
  • アナログ回線よりもコストパフォーマンスが良いので(1本のINS64回線で同時2通話可能)

それ故、ISDN回線用(INS64回線)の基板(パッケージ)はよく利用される基板の1つといえるでしょう。

最後までご覧いただきましてありがとうとざいます。

スポンサーリンク
336×280