PHS圏外時のボイスメール転送~PHS圏外時の着信をビジネスフォン・PBX内蔵のボイスメールへ転送~

PHS子機が圏外の時にビジネスフォン・PBX内蔵ボイスメールのメールボックスに着信を転送します。

スポンサーリンク

あらかじめ指定したメールボックスへ転送

PHS子機が圏外時もしくは電源OFFの時に内線着信したときに、ボイスメールのメールボックスに着信を転送します。

転送された着信にはボイスメールの応答メッセージを送出後、メールボックスに相手からのメッセージを録音することができます。

転送先には次のメールボックスを指定することができます。

  • 自分の内線専用のメールボックス
  • 特定のメールボックス
  • 他の内線のメールボックス

PHS圏外時のボイスメール転送の動作概要

1.PHS圏外時のボイスメール転送の転送先を登録特番であらかじめ登録しておきます。

PHS圏外時のボイスメール転送の転送先を登録特番であらかじめ登録しておきます。

PHS圏外時のボイスメールの転送先を次のような操作で登録を行います。(例)

  • PHS子機(内線30)の通話ボタンを押す
  • 転送先の登録特番「8」をダイヤル
  • メールボックス番号「30」をダイヤル
  • メールボックスのパスワード「9999」をダイヤル
  • 登録のセット音が鳴る
  • PHS子機(内線30)の電源ボタンを押して通話を切る

 2.PHSの子機が圏外(もしくは電源OFF)の時に、別の内線電話機から内線着信します。

PHSの子機が圏外(もしくは電源OFF)の時に、別の内線電話機から内線着信します。

3.あらかじめ登録しておいた転送先のボイスメールのメールボックスに内線着信が転送されます。

あらかじめ登録しておいた転送先のボイスメールのメールボックスに内線着信が転送されます。

4.着信先のボイスメールのメールボックスが応答すると、相手に応答メッセージを送出します。

着信先のボイスメールのメールボックスが応答すると、相手に応答メッセージを送出します。

例えばつぎのような応答メッセージを録音しておきます。

「お電話ありがとうございます、XXです。ただいま電話に出ることができません。ご用件のあるかたはピーッという音のあとにメッセージをどうぞ。」

5.応答メッセージを送出後、相手からのメッセージをメールボックスに録音します。

応答メッセージを送出後、相手からのメッセージをメールボックスに録音します。

応答メッセージ後のピーという発信音のあとにメッセージを吹き込みます。

1メッセージあたりに録音できる時間は設定により変更できますが、初期値では1分程度までとなっています。

最後に

ビジネスフォン・PBXから配線されたデジタルコードレス基地局(PHSアンテナ)の設置状況や、建物の構造によっては電波が入らない場所がどうしても出てきてしまいます。

圏外や電源OFFの時でもどこから着信が来たのか、どのような用件でかけてきたのかを把握しておきたいことと思います。

そのような時にPHS圏外時のボイスメール転送が役に立つのです。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280