PHS圏外時の外線転送~ビジネスフォン・PBX配下のPHS子機が圏外時に着信すると別の外線に着信を転送~

ビジネスフォン・PBX配下のPHS子機が圏外時に着信を受けた時に外線に着信を転送することができます。

スポンサーリンク

当然のことですが、PHS子機が圏外の時は着信を受けることができません

ビジネスフォン・PBX配下の圏外時のPHS子機に別の内線電話機から内線呼び出しすると次のようになります。

  • 一定時間呼び出した後ビジートーンで切断される。
  • 一定時間呼び出した後圏外アナウンスが送出される。「おかけになった電話は電波の届かないところに・・・」
  • 呼び出し音(リングバックトーン)がいかずに、無音状態になり一定時間後ビジートーンで切断される。

当然のことですが、圏外のPHS子機は着信を受けることはできません。

そこでPHS圏外時の転送機能を使う

PHS子機が圏外時もしくは電源OFFの時に内線着信したときに、あらかじめ転送先の外線を登録しておくことで、着信を別の外線に転送することができます。

例えば転送先を自分の携帯電話にしておけば、PHS子機が圏外時に自分の携帯電話へ着信が自動的に転送されます。

PHS圏外時の外線転送の動作概要

1.PHS圏外時の外線転送の転送先を登録特番であらかじめ登録しておきます。

PHS圏外時の外線転送の転送先を登録特番であらかじめ登録しておきます。

たとえば次のような操作で転送先を登録します。

  • PHS子機の通話ボタンを押す。
  • 圏外時の転送先の登録特番(たとえば「8」)をダイヤルする。
  • 続いて外線発信特番(通常は「0」)をダイヤル後、転送先の外線番号をダイヤルする。
  • 登録のセット音を聴取したら電源ボタンを押して通話を切断する。

2.PHSの子機が圏外(もしくは電源OFF)の時に、別の内線電話機から内線着信します。

PHSの子機が圏外(もしくは電源OFF)の時に、別の内線電話機から内線着信します。

3.あらかじめ登録しておいた転送先の外線(携帯電話等)に内線着信が転送されます。

あらかじめ登録しておいた転送先の外線(携帯電話等)に内線着信が転送されます。

ちなみに転送先の携帯電話には相手の電話番号が通知されるわけではありません。

ビジネスフォン・PBXに収容されている外線の電話番号が通知されます。(どこからかかってきたかはわかりません)

4.着信先の外線(携帯電話等)が応答すると通話状態になります。

着信先の外線(携帯電話等)が応答すると通話状態になります。

最後に

PHS圏外時の外線転送の転送先としては次のような電話番号を登録しておくと便利です。

  • 自分の部署の代表番号
  • 自分の携帯番号
  • 会社の代表番号

PHS子機が圏外だから連絡がとれない、というのはいろいろと不都合が出てくることもあるでしょう。

そんなときにはPHS圏外時の外線転送機能を使って少しでも着信環境を改善していきましょう。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280