TTC2M専用線の基板(パッケージ)~ビジネスフォン・PBX同士をTTC2M専用線で接続するための基板~

基板(パッケージの種類)

TTC2M専用線をビジネスフォン・PBXに接続するために使用する基板(パッケージ)です。

スポンサーリンク

TTC2Mは1回線収容で同時30通話

TTC2M専用線は1回線で30通話まで同時通話が可能な専用線です。

音声通話1チャネルあたりの通信速度は64Kbpsとなっており、制御チャネルと合わせて2.048Mbpsの通信速度で動作します。

IPネットワークを利用したVOIPゲートウェイに接続するケースが多い

TTC2M専用線はTTC2Mインタフェースを備えたVOIPゲートウェイに接続されるケースが多いです。

IPネットワーク上に構築されたVPNを利用して拠点間で音声通信を行います。

昔は1.5M系のデジタル専用線サービスを使ってTTC2Mの基板(パッケージ)に接続することが多かったのですが、VOIPゲートウェイを利用したほうが運用上のメリットが多いことから、現在はVOIPゲートウェイの接続が主流となっています。

  • デジタル専用線サービスよりもIPネットワークとVOIPゲートウェイの組み合わせのほうが安価
  • 1.5M系デジタル専用線サービスに接続すると、30chから23chにチャネル数が減ってしまう

T1インタフェースから変換アダプタを経由して接続することもある

日本国内のビジネスフォン・PBXはアメリカの1.5M系デジタル専用線の規格であるT1インタフェースに対応していないケースが多いことから、T1からTTC2M一度変換してからビジネスフォン・PBXに接続することもあります。

その場合T1インタフェースで利用できる通話チャネル数は23chとなっているので、TTC2Mに変換した後も23chが上限となります。

TTC2Mでは発信者番号の通知はできない

TTC2Mはアナログ専用線であるOD専用線をデジタル信号として多重化したものなので、専用線としての性質もOD専用線に準拠したものとなります。

OD専用線では発信者番号の通知はできないので、TTC2M専用線でも同じく通知することはできません。

TTC2M専用線の基板(パッケージ)1枚あたりに接続できる回線数

  • 1回線

TTC2M専用線の基板(パッケージ)によく付けられる型番

  • DT
  • DTI
  • PRPT
  • MDPT

最後に

TTC2Mの基板(パッケージ)は中継の要となる拠点のビジネスフォン・PBXにおいて使われる機会が多かったのですが、IPネットワークの普及した今となっては除々に姿を消していっているといったところでしょうか。

ちなみにレガシー系の基板(パッケージ)としては1枚あたりに収容できるチャネル数が最も多い類に入ることも特徴の1つといえるでしょう。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280