【Arcstar IP Voice】NTTコミュニケーションズの法人向けIP電話サービス

【Arcstar IP Voice】とは、NTTコミュニケーションズが提供する法人向けのIP電話サービスです。

スポンサーリンク

1. 【Arcstar IP Voice】の特徴

1-1. 0AB~J番号が使える

ひかり電話やKDDI光ダイレクトなどのIP電話サービスと同じように、【Arcstar IP Voice】でも「03」や「06」などから始まる0AB~J番号が利用できます。

1-2. 050番号も使える

0AB~J番号だけでなく、050番号も利用できます。

社外向けには0AB~J番号、社員間の連絡用では050番号を使う、といった運用も可能です。

1-3. 提携サービス内では無料通話ができる

【Arcstar IP Voice】なら提携しているサービス内であれば、無料通話ができます。

拠点間やグループ会社、あるいは取引先などで、下記のような提携サービスの電話を使っていれば、通話料は無料です。

お互いに無料通話
  • Arcstar IP Voice
  • .Phone IP Centrex
  • .Phoneユビキタス
  • 050plus for Biz
  • 050plus

条件つきで無料通話
  • 050plus W-mode(IP電話モードは無料/携帯電話モードは有料)
  • OCNドットフォン(050番号は無料/0AB~J番号は有料)
  • 無料通話先プロバイダのIP電話

1-4. 無料で使える基本機能が充実している

本来であれば有料でもおかしくない機能が、基本機能として無料で利用できます。

発信者番号通知

契約している電話番号の中から、相手に通知する番号をビジネスフォンで設定することにより、相手にその番号を通知することができます。

BRI接続、PRI接続、LAN直収時に限ります。

発信電話番号受信

かけてきた相手の電話番号が電話機の画面に表示されます。

ナンバーディスプレイと同等の機能になります。

代表番号機能

複数の電話番号で代表組されたグループの代表番号に着信すると、グループ内の電話番号に順番に着信します。

下記サービスでは利用できません
・SmartPBX
・Contact Center
・UCaaS

代表番号通知

代表組されたグループ内の電話回線から発信したときに、相手に代表番号を通知します。

下記サービスでは利用できません
・SmartPBX
・Contact Center
・UCaaS

無条件転送

あらかじめ指定しておいた電話番号へ、無条件で着信を転送します。

話中時転送

話中時に着信すると、あらかじめ指定しておいた電話番号へ着信を転送します。

無応答時転送

着信に一定時間応答しなかったときに、あらかじめ指定しておいた電話番号へ着信を転送します。

不通時転送

使用しているアクセス回線や通信機器が故障して、不通になったときに、あらかじめ指定しておいた電話番号へ着信を転送します。

発信規制

設定した番号への発信を規制します。

下記サービスでは利用できません
・over Universal Oneプラン
・Voiceプラン

国際電話利用休止

国際電話への発信を規制します。

下記サービスでは利用できません
・over Universal Oneプラン
・Voiceプラン

ビジネスポータル

情報を確認したり、各種設定を行うことができます。

  • 利用サービス情報
  • 工事情報
  • 故障情報

下記サービスでは利用できません
・over Universal Oneプラン
・Voiceプラン

2. 【Arcstar IP Voice】ビジネスフォンへの導入パターン

【Arcstar IP Voice】では次の3つからアクセスを選択します。

  • Arcstar IP Voice(Universal One)
  • OCN
    ・Arcstar IP Voice(OCN<B>)かつ「光アクセスIP8(以上)」
    ・Arcstar IP Voice(OCN<B>)かつ「光アクセスIP1」または「動的IPアドレス」
    ・Arcstar IP Voice(OCN<C>)
  • Arcstar IP Voiceアクセスセット(Universal One 音声専用ギャランティアクセス)

アクセスの種類ごとのビジネスフォンへの導入パターンについて説明します。

2-1. アクセスが【Universal One】のとき

VoIPゲートウェイ(アナログ接続)でビジネスフォンに接続

音声系の接続

アクセス回線に接続されたUniversal One ターミナルに、アナログ回線対応のVoIPゲートウェイをLANケーブルで接続します。

アナログ接続タイプのVoIPゲートウェイには次の2種類があります。

  • SG1000an4(4ch・アナログ接続タイプ)
  • SG1000an8(8ch・アナログ接続タイプ)

VoIPゲートウェイで作り出されたアナログ回線を、ビジネスフォン主装置内のアナログ回線パッケージに電話ケーブルで接続します。

データ系の接続

Universal One ターミナルから、パソコンなどのデータ系の端末へ接続します。

VoIPゲートウェイ(BRI接続)でビジネスフォンに接続

音声系の接続

アクセス回線に接続されたUniversal One ターミナルに、BRI接続対応のVoIPゲートウェイをLANケーブルで接続します。

BRI接続タイプのVoIPゲートウェイには次の2種類があります。

  • SG1000is4(4ch・BRI接続タイプ)
  • SG1000is8(8ch・BRI接続タイプ)

VoIPゲートウェイで作り出されたBRI回線(INS64回線のT点に相当)を、ビジネスフォン主装置内のINS64回線パッケージ(BRIパッケージ)に電話ケーブルで接続します。

データ系の接続

Universal One ターミナルから、パソコンなどのデータ系の端末へ接続します。

VoIPゲートウェイ(PRI接続)でビジネスフォンに接続

音声系の接続

アクセス回線に接続されたUniversal One ターミナルに、PRI接続対応のVoIPゲートウェイをLANケーブルで接続します。

PRI接続タイプのVoIPゲートウェイは次の1種類のみです。

  • VR-23PRI

VoIPゲートウェイで作り出されたPRI回線(INS1500回線のT点に相当)を、ビジネスフォン主装置内のINS1500回線パッケージ(PRIパッケージ)に電話ケーブルで接続します。

データ系の接続

Universal One ターミナルから、パソコンなどのデータ系の端末へ接続します。

LANケーブルで直接ビジネスフォンに接続(LAN直収)

音声系の接続

アクセス回線に接続されたUniversal One ターミナルから、SIPコンバータを経由してから、ビジネスフォン主装置内のVoIPパッケージにLANケーブルで接続します。

SIPコンバータを必要としない場合は、Universal One ターミナルから、直接ビジネスフォンのVoIPパッケージに接続します。

データ系の接続

Universal One ターミナルから、パソコンなどのデータ系の端末へ接続します。

2-2. アクセスが【OCN】のとき

VoIPゲートウェイ(アナログ接続)でビジネスフォンに接続

音声系の接続

アクセス回線に接続されたルータに、アナログ回線対応のVoIPゲートウェイをLANケーブルで接続します。

アナログ接続タイプのVoIPゲートウェイには次の2種類があります。

  • SG1000an4(4ch・アナログ接続タイプ)
  • SG1000an8(8ch・アナログ接続タイプ)

VoIPゲートウェイで作り出されたアナログ回線を、ビジネスフォン主装置内のアナログ回線パッケージに電話ケーブルで接続します。

データ系の接続

ルータから、パソコンなどのデータ系の端末へ接続します。

VoIPゲートウェイ(BRI接続)でビジネスフォンに接続

音声系の接続

アクセス回線に接続されたルータに、BRI接続対応のVoIPゲートウェイをLANケーブルで接続します。

BRI接続タイプのVoIPゲートウェイには次の2種類があります。

  • SG1000is4(4ch・BRI接続タイプ)
  • SG1000is8(8ch・BRI接続タイプ)

VoIPゲートウェイで作り出されたBRI回線(INS64回線のT点に相当)を、ビジネスフォン主装置内のINS64回線パッケージ(BRIパッケージ)に電話ケーブルで接続します。

データ系の接続

Universal One ターミナルから、パソコンなどのデータ系の端末へ接続します。

VoIPゲートウェイ(PRI接続)でビジネスフォンに接続

音声系の接続

アクセス回線に接続されたルータに、PRI接続対応のVoIPゲートウェイをLANケーブルで接続します。

PRI接続タイプのVoIPゲートウェイは次の1種類のみです。

  • VR-23PRI

VoIPゲートウェイで作り出されたPRI回線(INS1500回線のT点に相当)を、ビジネスフォン主装置内のINS1500回線パッケージ(PRIパッケージ)に電話ケーブルで接続します。

データ系の接続

Universal One ターミナルから、パソコンなどのデータ系の端末へ接続します。

LANケーブルで直接ビジネスフォンに接続(LAN直収)

音声系の接続

アクセス回線に接続されたルータから、ビジネスフォン主装置内のVoIPパッケージにLANケーブルで接続します。

データ系の接続

Universal One ターミナルから、パソコンなどのデータ系の端末へ接続します。

2-3. アクセスが【アクセスセット】のとき

VoIPゲートウェイ(アナログ接続)でビジネスフォンに接続

音声系の接続のみ

アクセス回線に接続されたUniversal One ターミナルに、アナログ回線対応のVoIPゲートウェイをLANケーブルで接続します。

アナログ接続タイプのVoIPゲートウェイには次の2種類があります。

  • SG1000an4(4ch・アナログ接続タイプ)
  • SG1000an8(8ch・アナログ接続タイプ)

VoIPゲートウェイで作り出されたアナログ回線を、ビジネスフォン主装置内のアナログ回線パッケージに電話ケーブルで接続します。

VoIPゲートウェイ(BRI接続)でビジネスフォンに接続

音声系の接続のみ

アクセス回線に接続されたUniversal One ターミナルに、BRI接続対応のVoIPゲートウェイをLANケーブルで接続します。

BRI接続タイプのVoIPゲートウェイには次の2種類があります。

  • SG1000is4(4ch・BRI接続タイプ)
  • SG1000is8(8ch・BRI接続タイプ)

VoIPゲートウェイで作り出されたBRI回線(INS64回線のT点に相当)を、ビジネスフォン主装置内のINS64回線パッケージ(BRIパッケージ)に電話ケーブルで接続します。

VoIPゲートウェイ(PRI接続)でビジネスフォンに接続

音声系の接続のみ

アクセス回線に接続されたUniversal One ターミナルに、PRI接続対応のVoIPゲートウェイをLANケーブルで接続します。

PRI接続タイプのVoIPゲートウェイは次の1種類のみです。

  • VR-23PRI

VoIPゲートウェイで作り出されたPRI回線(INS1500回線のT点に相当)を、ビジネスフォン主装置内のINS1500回線パッケージ(PRIパッケージ)に電話ケーブルで接続します。

LANケーブルで直接ビジネスフォンに接続(LAN直収)

音声系の接続のみ

アクセス回線に接続されたUniversal One ターミナルから、ビジネスフォン主装置内のVoIPパッケージにLANケーブルで接続します。

3. 月額料金

3-1. 基本料金(Arcstar IP Voice)

基本料金(1番号/1ch)
  • 580円(税抜)

番号追加(1番号ごと)
  • 100円(税抜)

チャネル追加(1chごと)
  • 580円(税抜)

3-2. 基本料金(Arcstar IP Voice アクセスセット)

基本料金(1番号/16ch)
  • 19,200円(税抜)

番号追加(1番号ごと)
  • 100円(税抜)

チャネル追加(1chごと)
  • 1,200円(税抜)

3-3. 付加機能利用料

迷惑電話お断り機能(1番号ごと)
  • 300円(税抜)

あらかじめ登録した迷惑電話番号の着信を拒否します。

非通知着信拒否機能(1番号ごと)
  • 200円(税抜)

非通知でかけてきた相手の着信を拒否します。

一括転送(1契約ごと)
  • 3,000円(税抜)

一括であらかじめ登録した電話へ着信を転送します。

over Universal Oneプラン、Voiceプランでは利用不可

メッセージボックス(1番号ごと)
  • 300円(税抜)

メッセージ応答

着信したときに、音声ガイダンスで一次応答します。

留守録音

着信したときに、留守番応答し、相手のメッセージを録音します。

着信/メッセージお預かり通知メール

留守番応答したときに、あらかじめ設定したメールへ通知します。

over Universal Oneプラン、Voiceプランでは利用不可

転送先特定番号サービス(1番号ごと)
  • 1,000円(税抜)

着信したときに、あらかじめ指定した下記の種類の番号に転送します。

  • フリーダイヤル・インテリジェントサービス
  • ナビダイヤル・インテリジェントサービス

over Universal Oneプラン、Voiceプランでは利用不可
0AB~J番号利用時のみ利用可

特定番号通知
  • 100円

フリーダイヤルまたはナビダイヤルの番号を相手に通知します。

3-4. VoIPゲートウェイ レンタル料金

4ch・アナログ接続(1台ごと)
  • 1,800円(エコノミー保守、税抜)
  • 2,000円(スタンダード保守、税抜)

8ch・アナログ接続(1台ごと)
  • 3,600円(エコノミー保守、税抜)
  • 4,000円(スタンダード保守、税抜)

4ch・BRI接続(1台ごと)
  • 1,800円(エコノミー保守、税抜)
  • 2,000円(スタンダード保守、税抜)

8ch・BRI接続(1台ごと)
  • 3,600円(エコノミー保守、税抜)
  • 4,000円(スタンダード保守、税抜)

23ch・PRI接続(1台ごと)
  • 5,300円(スタンダード保守、税抜)

【エコノミー保守】
・24時間故障受付対応
・端末故障時、交換用端末をお客様に発送
【スタンダード保守】
・故障受付、駆けつけ保守ともに24時間、365日対応

3-5. 通話料金

国内の固定電話(一般加入電話、全国一律)
  • 8円(3分ごと、税込)

無料通話ができないIP電話
  • 8円(3分ごと、税込)

国内の携帯電話(一律)
  • 16円(1分ごと、税込)

国内のPHS
  • 10円(1分ごと、税込) + 10円(1通話ごと、税込)

国際通話(60秒ごと)
  • 9円 アメリカ合衆国(ハワイ・グアム・サイパン除く)
  • 29円 中国
  • 30円 韓国

4. 初期費用

4-1. 工事費用(Arcstar IP Voice)

基本工事(1契約ごと)
  • 2,000円(税抜)

付加工事(1契約ごと)
  • 1,000円(税抜)

新設時に必要。
複数の工事があっても1つの工事とする。
下記の場合は別途割増料金が必要
・夜間帯(17:00~翌8:29)
・年末年始

番号ポータビリティ機能工事(1番号ごと)
  • 2,000円(税抜)

下記サービスでは利用不可
・Universal Oneベストエフォートアクセス
・OCN
・SmartPBX
・Contact Center
・UCaaS
下記の場合は別途割増料金が必要
・夜間帯(17:00~翌8:29)
・年末年始

4-2. VoIPゲートウェイ レンタル工事費

4ch・アナログ接続

お客様設置(1台ごと)

  • 8,000円(お客様設置、税抜)

オンサイト設置(1台ごと)

  • 25,000円(1台目、税抜)
  • 16,000円(2台目以降、税抜)

8ch・アナログ接続(1台ごと)

お客様設置(1台ごと)

  • 8,000円(お客様設置、税抜)

オンサイト設置(1台ごと)

  • 25,000円(1台目、税抜)
  • 16,000円(2台目以降、税抜)

4ch・BRI接続(1台ごと)

お客様設置(1台ごと)

  • 8,000円(お客様設置、税抜)

オンサイト設置(1台ごと)

  • 25,000円(1台目、税抜)
  • 16,000円(2台目以降、税抜)

8ch・BRI接続(1台ごと)

お客様設置(1台ごと)

  • 8,000円(お客様設置、税抜)

オンサイト設置(1台ごと)

  • 25,000円(1台目、税抜)
  • 16,000円(2台目以降、税抜)

23ch・PRI接続(1台ごと)

オンサイト設置(1台ごと)

  • 40,000円(1台目、税抜)
  • 32,000円(2台目以降、税抜)

最後に

最後に【Arcstar IP Voice】についておさらいしましょう。

  • 「03」や「06」などから始まる「0AB~J番号」と「050」番号が使える
  • 提携サービス内で無料通話が可能
  • 豊富なオプション機能
  • アナログ、BRI、PRIの3種類のVoIPゲートウェイでの接続と、LAN直収に対応
  • 国内の固定電話、携帯電話は一律料金で割安の有料通話

とくに無料通話と050番号をうまく駆使すれば、通話コストを抑えつつも、社内コミュニケーションをより活発化させ、よりパワフルに業務に取り組むことが可能です。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280
336×280
おすすめトピック



スポンサーリンク
336×280