【ルームチェンジ】~ビジネスフォン・PBXのホテル機能~

「ルームチェンジ」とは、チェックイン済みの客室を、別の客室に変更するときに使用するホテル機能です。

ホテルに宿泊されるお客様の中には、何らかの事情で客室を変更することがあります。

  • 客室の設備の不具合
  • 隣の客室との兼ね合い
  • 喫煙可能な部屋から禁煙の部屋への変更したい

このような事情から客室を変更する必要がある場合には、「ルームチェンジ」で客室の変更を行います。

それでは、ビジネスフォン・PBXにおけるホテルの「ルームチェンジ」について、順番に説明していきましょう。

スポンサーリンク

1. チェックイン中の客室から別の客室へルームチェンジしたい

何らかの事情で、301号室のお客様が部屋を変えて欲しい、と要望があがったとします。

2. フロント受付端末でルームチェンジの操作を行います

お客様からの要望を受けて、フロント受付端末からルームチェンジの操作を行います。

フロント受付端末で、301号室から305号室へと、ルームチェンジします。

3. ルームチェンジをすると、ビジネスフォン・PBX、ホテルシステムが連動します

フロントにてルームチェンジの操作を行うと、ビジネスフォン・PBX、およびホテルシステムが連動します。

そして、客室の状態が次のように切り替わります。

301号室(ルームチェンジ前)

ルームチェンジ前の301号室は、ルームチェンジを行うことで客室状態が「チェックイン状態」から「清掃待ち状態」へと変わります。

305号室(ルームチェンジ後)

ルームチェンジ後の305号室は、「空き室状態(ベーカント)」から「チェックイン状態」へと変わります。

4. ルームチェンジ前の客室情報をルームチェンジ後の客室へ引き継ぎます

フロント受付端末でルームチェンジ操作後は、ルームチェンジ前の客室情報を、ルームチェンジ後の客室へと引き継ぎます。

引き継がれる情報には以下のようなものがあります。

  • お客様名
  • 性別
  • 通話料金
  • 使用言語
  • 人数
  • チェックインした日
  • チェックアウトする予定日
  • 団体番号
  • VIPクラス(一般、VIP、要注意etc)
  • 在室/不在
  • ボイスメールメッセージ
  • モーニングコール(ウェイクアップコール)
  • メッセージウェイティング
  • 発信規制/解除
  • 着信規制/解除
  • 長期滞在中.etc

ルームチェンジを行った時点で、上記の客室情報がビジネスフォン・PBX、およびホテルシステムを経由して、各ホテル関連端末へ連動されて客室情報が並列化されます。

最後に

チェックイン、チェックアウトなどに比べると、ルームチェンジを行う頻度は少ないかもしれませんが、ホテルでは欠かせない機能の一つと言えるでしょう。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280
336×280
おすすめトピック



スポンサーリンク
336×280