【TSAおすすめ】ひかり電話はビジネスフォンに直収しちゃえ!

ビジネスフォンへの「ひかり電話」の導入のしかたには、いろいろなパターンがありますが、管理人のおすすめは、何と言っても「ひかり電話直収」です。

なぜ「ひかり電話の直収」をすすめるのか。

  • ひかり電話を直収しない場合
  • ひかり電話を直収する場合

について説明しましょう。

スポンサーリンク

ひかり電話を直収しない場合

ギガアクセスVoIPルーター NVR510

ひかり電話を直収しない場合には、次のような機器が必要になります。

  • VOIPゲートウェイ(OG、VGなど)
  • アナログ回線パッケージ(アナログ接続の場合)
  • INS64回線パッケージ(BRI接続の場合)
  • INS1500回線パッケージ(PRI接続の場合)

VOIPゲートウェイの料金

OGやVGなどのVOIPゲートウェイは、買い取りもしくはレンタルのいずれかを選択します。

買い取りの場合

機器 定価(税抜)
4ch用VOIPゲートウェイ 40,000円
8ch用VOIPゲートウェイ 60,000円
23ch用VOIPゲートウェイ 400,000円

レンタルの場合

機器 1装置ごとの月額料金(税抜)
4ch用VOIPゲートウェイ 1,000円
8ch用VOIPゲートウェイ 1,500円
23ch用VOIPゲートウェイ 5,400円

買取ですと4回線用のVOIPゲートウェイで¥40,000。8回線用のVOIPゲートウェイで¥60,000かかります。

23回線用のVOIPゲートウェイに至っては¥400,000(!)の費用がかかります。

ビジネスフォン側でもそれぞれのVOIPゲートウェイに対応した機器を別途用意する必要があるので、機器代もバカになりません。

レンタルを選択しても、毎月支払いを続けると、それなりの金額になります。

ビジネスフォンのパッケージ

接続するひかり電話のチャネル数や回線種別(アナログ、BRI、PRI)に応じて、ビジネスフォン側にもパッケージを実装する必要があります。

価格についてはメーカーや機種により異なるため、一概には言えませんが、下記に価格例を載せてみました。(NTT製アルファNX2の場合)

ビジネスフォンのパッケージ料金

パッケージ 定価(税抜)
8回線用アナログ回線パッケージ(アナログ接続) 75,000円
2回線用INS64回線パッケージ(BRI接続) 97,000円
INS1500回線パッケージ(PRI接続) 126,000円

VOIPゲートウェイとビジネスフォンのパッケージを組み合わせると・・・

4チャネルのBRI接続の場合

機器 定価(税抜)
4ch用VOIPゲートウェイ(BRI接続) 40,000円
2回線用INS64回線パッケージ(BRI接続) 97,000円
合計 137,000円

1チャネル(1通話)あたりの機器台は34,250円となります。

8チャネルのアナログ接続の場合

機器 定価(税抜)
8ch用VOIPゲートウェイ(アナログ接続) 60,000円
8回線用アナログ回線パッケージ(アナログ接続) 75,000円
合計 135,000円

1チャネル(1通話)あたりの機器台は33,750円となります。

23チャネルのPRI接続の場合

機器 定価(税抜)
23ch用VOIPゲートウェイ(PRI接続) 400,000円
INS1500回線パッケージ(PRI接続) 126,000円
合計 526,000円

1チャネル(1通話)あたりの機器台は22,870円となります。

ひかり電話を直収する場合

ELECOM LANケーブル CAT6準拠 Gigabit スーパーフラット 5m ブラック 【PlayStation 4 対応】 LD-GF/BK5

VOIPゲートウェイが不要

ひかり電話直収であれば、別途VOIPゲートウェイを用意する必要がありません。

買い取りの場合

機器 定価(税抜)
4ch用VOIPゲートウェイ 40,000円
8ch用VOIPゲートウェイ 60,000円
23ch用VOIPゲートウェイ 400,000円

レンタルの場合

機器 1装置ごとの月額料金(税抜)
4ch用VOIPゲートウェイ 1,000円
8ch用VOIPゲートウェイ 1,500円
23ch用VOIPゲートウェイ 5,400円

ビジネスフォン側はアナログ、BRI、PRI接続用のパッケージが不要

VOIPゲートウェイが不要になるので、VOIPゲートウェイと接続するために必要となるビジネスフォン側のパッケージ(アナログ、BRI、PRI)も必要なくなります。

ビジネスフォンのパッケージ料金

パッケージ 定価(税抜)
8回線用アナログ回線パッケージ(アナログ接続) 75,000円
2回線用INS64回線パッケージ(BRI接続) 97,000円
INS1500回線パッケージ(PRI接続) 126,000円

ひかり電話を直収するためのVOIPパッケージが必要

VOIPゲートウェイからの接続は不要になりましたが、かわりにビジネスフォン側でひかり電話直収に対応したVOIPパッケージを実装する必要があります。

ちなみにVOIPパッケージの料金は下記の通りです。(NTT製アルファNX2の場合)

ビジネスフォンのVOIPパッケージ料金

パッケージ 定価(税抜)
4回線用VOIPパッケージ 80,000円
4回線用VOIPパッケージ(増設用・最大5つまで) 14,000円

直収に対応した機器は、アナログ外線パッケージより高く、INS64パッケージ、PRIパッケージよりは安く設定されているケースが多いです。(メーカーも考えてますね)

あとは光回線のONUからLANケーブルでVOIPパッケージに直接接続するだけです。

ビジネスフォン接続イメージ(~LAN直収8チャネル)

上図はひかり電話オフィスAのページでも紹介している構成です。

VOIPパッケージの組み合わせ例

4チャネルの場合

機器 定価(税抜)
4回線用VOIPパッケージ 80,000円
合計 80,000円

1チャネル(1通話)あたりの機器台は20,000円となります。

8チャネルの場合

機器 定価(税抜)
4回線用VOIPパッケージ 80,000円
4回線用VOIPパッケージ(増設用) 14,000円
合計 94,000円

1チャネル(1通話)あたりの機器台は11,750円となります。

23チャネルの場合

機器 定価(税抜)
4回線用VOIPパッケージ 80,000円
4回線用VOIPパッケージ(増設用) 14,000円
4回線用VOIPパッケージ(増設用) 14,000円
4回線用VOIPパッケージ(増設用) 14,000円
4回線用VOIPパッケージ(増設用) 14,000円
4回線用VOIPパッケージ(増設用) 14,000円
合計 150,000円

1チャネル(1通話)あたりの機器台は6,522円となります。

このように、ひかり電話を直収すれば、1チャネル(1通話)あたりに必要となるコストも抑えられるわけです。

というわけで、管理人は「ひかり電話の直収」をおすすめします。

check!NTTひかり電話

最後に

今後登場するビジネスフォンは直収を推奨、あるいは直収に特化したタイプが増えることが予想されます。

ビジネスフォンの取替を考えていらっしゃる企業様は「ひかり電話直収」も視野に入れて検討されることをおすすめします。

最後までご覧頂きましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280
336×280
おすすめトピック



スポンサーリンク
336×280