【基本説明】ひかり電話オフィスタイプ・A(エース)のボイスワープ

4-4. 転送を開始する

さて、いよいよボイスワープの転送を開始するときがやってきましたね。

ここで1つ思い出して下さい。

ボイスワープには大きく分けて3種類の転送があるということを。

1つ目は「無条件転送」

2つ目は「無応答時転送」

3つ目は「話中時転送」

そして、「無応答時転送」と「話中時転送」は組み合わせて使える

ボイスワープの転送を開始するときは、これら転送の種類を選択することになります。

それでは順番に説明していきましょう。

【追加番号あり、電話番号の指定不要】の場合【追加番号あり、電話番号の指定が必要】の場合【追加番号なし(電話番号が1つだけ)】の場合
【追加番号あり、電話番号の指定不要】の場合
転送元

1.

受話器を上げる

転送元

2.

外線発信特番【0】をダイヤルしてから、【142】をダイヤル

ガイダンス

3.

「xxxxxxxxxx番のボイスワープの設定を行います。」

(追加番号の契約がある場合のみ)

ガイダンス

4.

「サービスの停止は【0】

サービスの開始は【1】

転送先の登録は【2】

呼出秒数の設定は【3】

その他各種設定は【4】

設定状況の確認は【8】を、

他の電話番号の設定を行う場合は【5】を押して下さい。」

転送元

5.

【1】をダイヤル(サービスの開始)

ガイダンス

6.

「転送条件を設定し、サービスを開始します。

無条件転送は【1】

無応答時転送は【2】

話中時転送は【3】

無応答時転送と話中時転送の併用は【4】を押して下さい。」

転送元

7.

[無条件転送の場合]

【1】をダイヤル

[無応答時転送の場合]

【2】をダイヤル

[話中時転送の場合]

【3】をダイヤル

[無応答時転送と話中時転送の併用の場合]

【4】をダイヤル

ガイダンス

8.

「サービスを開始しました。

サービスメニューに戻る場合は【0】

終了する場合は【0以外】を押すか受話器を置いてください。」

転送元

9.

受話器を下ろす

【追加番号あり、電話番号の指定が必要】の場合
転送元

1.

受話器を上げる

転送元

2.

外線発信特番【0】をダイヤルしてから、【142】をダイヤル

ガイダンス

3.

「xxxxxxxxxx番のボイスワープの設定を行います。」

(追加番号の契約がある場合のみ)

ガイダンス

4.

「サービスの停止は【0】

サービスの開始は【1】

転送先の登録は【2】

呼出秒数の設定は【3】

その他各種設定は【4】

設定状況の確認は【8】を、

他の電話番号の設定を行う場合は【5】を押して下さい。」

転送元

5.

【5】をダイヤル(他の電話番号の設定を行う)

ガイダンス

6.

「ボイスワープの設定を行いたい電話番号を市外局番から入力し、最後に【#】を押して下さい。」

転送元

7.

【転送したい転送元の電話番号】+【#】をダイヤル

ガイダンス

8.

「3.」のガイダンスに戻る

転送元

9.

【1】をダイヤル(サービスの開始)

ガイダンス

10.

「転送条件を設定し、サービスを開始します。

無条件転送は【1】

無応答時転送は【2】

話中時転送は【3】

無応答時転送と話中時転送の併用は【4】を押して下さい。」

転送元

11.

[無条件転送の場合]

【1】をダイヤル

[無応答時転送の場合]

【2】をダイヤル

[話中時転送の場合]

【3】をダイヤル

[無応答時転送と話中時転送の併用の場合]

【4】をダイヤル

ガイダンス

12.

「サービスを開始しました。

サービスメニューに戻る場合は【0】

終了する場合は【0以外】を押すか受話器を置いてください。」

転送元

13.

受話器を下ろす

【追加番号なし(電話番号が1つだけ)】の場合
転送元

1.

受話器を上げる

転送元

2.

外線発信特番【0】をダイヤルしてから、【142】をダイヤル

ガイダンス

3.

「ボイスワープの設定を行います。」

ガイダンス

4.

「サービスの停止は【0】

サービスの開始は【1】

転送先の登録は【2】

呼出秒数の設定は【3】

その他各種設定は【4】

設定状況の確認は【8】を、

他の電話番号の設定を行う場合は【5】を押して下さい。」

転送元

5.

【1】をダイヤル(サービスの開始)

ガイダンス

6.

「転送条件を設定し、サービスを開始します。

無条件転送は【1】

無応答時転送は【2】

話中時転送は【3】

無応答時転送と話中時転送の併用は【4】を押して下さい。」

転送元

7.

[無条件転送の場合]

【1】をダイヤル

[無応答時転送の場合]

【2】をダイヤル

[話中時転送の場合]

【3】をダイヤル

[無応答時転送と話中時転送の併用の場合]

【4】をダイヤル

ガイダンス

8.

「サービスを開始しました。

サービスメニューに戻る場合は【0】

終了する場合は【0以外】を押すか受話器を置いてください。」

転送元

9.

受話器を下ろす

転送を停止したいときは?

転送状態を停止したいときは、どのような操作をすればいいのか?

無応答時転送や話中時転送の場合は、常時転送状態で運用し続けることも少なくありません。

無条件転送の場合は、状況に応じて転送状態を切り替えることが多いでしょうから、1日のうち何回か転送の開始・停止操作を行う事になると思われます。

次の項目ではボイスワープの転送を停止するときの操作について説明しますね。

スポンサーリンク
336×280