着信してもベル鳴りが遅い!PHSやカールコードレスなどのビジネスフォンの無線端末

ビジネスフォン・PBXで、PHS子機カールコードレス電話機 を使っているが、着信したときに、実際にベルが鳴り始めるのが遅くて困っている。

そんなことはないでしょうか。

スポンサーリンク

無線なのでタイムライグが出るのは仕方がない

有線で信号の通信を行う、多機能電話機や一般電話機であれば、着信すると、すぐに着信ベルが鳴動します。

一方、PHSカールコードレス電話機の子機 の場合は、無線での通信になるので、まずは電波圏内にあるかどうかを判別するところから始まります。

そのため、どうしても動作開始時にタイムラグが生じるため、着信時の鳴動や通話の開始が遅れがちになります。

PHS(デジタルコードレス電話機)

UM7588 OKI 沖電気 事業所コードレス電話 [オフィス用品] [オフィス用品] [オフィス用品]

PHS子機は、各所に設置されているPHSアンテナからの電波を受信することで、内線電話機として動作します。

そのPHSアンテナから出力されている電波の状況に応じて、PHS子機は最適な電波を優先的に受信します。

PHSに着信があると、ビジネスフォンからPHSまでは、次のような信号の流れになります。

  • ビジネスフォン → 有線 → PHSアンテナ → 無線 → PHS

一方、有線の多機能電話機の場合は、次のようになります。

  • ビジネスフォン → 有線 → 多機能電話機

複数のPHSを同時に鳴動させるときはさらにタイムラグが出る

複数のPHSを同時に鳴動させる設定をしているときは、さらにタイムラグが発生します。

(例)外線03-xxxx-xxxx着信時にPHS内線100~102を鳴動させる

  • 03-xxxx-xxxx に着信する
  • 内線100 が鳴動する(1秒後)
  • 内線101 が鳴動する(2秒後)
  • 内線102 が鳴動する(3秒後)

このように、PHS子機 が同時に鳴動し始めるのではなく、電波状況 や データの設定順 などに応じて、タイムラグが発生します。

上記例では、内線番号の若番順に鳴動していますが、実際は電波の状況により異なります。

カールコードレス電話機

カールコードレス電話機は、多機能電話機の受話器部分がコードレスになっている電話機のことです。

親機部分までは有線で接続し、親機と子機(受話器)は無線での接続になります。

  • ビジネスフォン → 有線 → カールコードレス電話機(親機) → 無線 → 子機(受話器)

着信すると、親機部分はすぐに着信鳴動を始めますが、子機が離れた場所においてあると、子機が鳴動し始めるのは、親機よりも少しあとになり、若干ですがタイムラグが生じます。

最後に

電話受付業務に注力されている場合には、着信鳴動にタイムラグのあるPHSやカールコードレス電話機はあまり向いているとはいえません。

着信鳴動にタイムラグが発生しない、有線の多機能電話機を選択するのがベストです。

業務状況に応じて最適な電話機を選択するようにしましょう。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280
336×280
おすすめトピック



スポンサーリンク
336×280