【故障した!?】ビジネスフォンの電話・配線でよくある故障・障害・症状まとめ

会社でお使いのビジネスフォン・PBXの電話機で、次のような症状や不具合の経験はありませんか?

  • 通話中のノイズがひどい
  • 相手の声は聞こえるが、こちらの声が相手に聞こえない
  • 電話機が不通状態でまったく使えない

というわけで、ビジネスフォンの電話や配線で、よくある故障や障害、症状についてまとめてみました。

スポンサーリンク

受話器やカールコードのよくある故障・障害・症状

こちらの声が相手に聞こえない
  • 受話器の送話部分が故障している
  • 受話器と電話機本体を接続するカールコードの接触不良
  • 送話カット機能がONになっている

通話音量が小さくて、相手に声が届きにくい
  • 受話器の送話部分が故障している
  • 電話機のボリューム調整を下げすぎている
  • 通話レベルが合っていない

相手の声が聞こえない
  • 受話器の受話部分が故障している
  • 受話器と電話機本体を接続するカールコードの接触不良

通話音量が小さくて、相手の声が聞こえにくい
  • 受話器の受話部分が故障している
  • 電話機のボリューム調整を下げすぎている
  • 通話レベルが合っていない

通話中に雑音が出る
  • 受話器の故障
  • 受話器と電話機本体を接続するカールコードの接触不良

完全に通話ができない
  • 受話器の故障
  • 受話器と電話機本体を接続するカールコードが断線している

受話器を下ろすときに「キーン」とハウリングが起きる
  • 電話機のボリューム調整を上げすぎている
  • 通話レベルが合っていない

電話機のよくある故障・障害・症状

ボタンの反応が悪い、あるいは全くボタンが反応しない
  • 電話機のボタン部分にホコリが入り込み、ボタンの接触が悪くなっている
  • 電話機にコーヒーなどの飲み物をこぼしてしまい、内部の基板が故障している
  • ボタンの内部パーツ(ゴムなど)が破損している

電話機の液晶画面(ディスプレイ)の表示がつかない
  • 初期不良のため
  • 経年劣化のため
  • 電話機にコーヒーなどの飲み物をこぼしてしまい、内部の基板が故障している

電話機の液晶画面(ディスプレイ)のパネルが割れた
  • 落下の衝撃で割れた

液晶画面の文字が欠けて内容がわからない
  • 初期不良のため
  • 経年劣化のため

電話機の高さや角度を調節する部分が折れる
  • 落下の衝撃で破損
  • 調節しているときに折れる

ランプ表示がつかない
  • ランプの故障
  • 初期不良のため
  • 経年劣化のため

着信音が全く鳴らない
  • 着信音のスピーカーが故障している
  • 初期不良のため
  • ビジネスフォン・PBXの設定で着信音を止めている

フックスイッチが沈み込んでしまい、通話ができない
  • フックスイッチのパーツが破損している
  • こぼした飲み物やホコリが詰まっている

フックスイッチを押しても、通話が切断できない
  • フックスイッチの故障

壁掛け電話機の受話器を引っかける部分が折れる、あるいは紛失する
  • 受話器を戻すときの衝撃で折れた、紛失した
  • 電話機を移設するときに折れた、紛失した

完全に不通状態(反応が全くない状態)
  • 電話機本体の故障

内線着信が別の電話にかかってしまう
  • 不在転送がセットされている
  • 実は違う内線番号が接続されている

多機能電話機でハンズフリー通話ができない
  • マイク機能が有効になっていない
  • ハンズフリー通話をビジネスフォン・PBXの設定で規制している
  • スピーカーの音量が小さくなっているため聞き取りにくい

停電電話機が停電時に動作しない
  • 電話線の結線が間違っている
  • 停電電話機を停電用ではない電話線に接続している(レイアウト変更などで電話機を入れ替えたなど)
  • 停電電話機で使用する外線に障害が出ている
  • 外線パッケージ、あるいは停電パッケージ、停電切替BOXが故障している
  • 停電電話機が故障している
  • 外線をIP電話に変更した

一般電話機の受話器を上げてダイヤルしても発信できない(ダイヤル音を聞こえるが、ダイヤルしても発信トーンが続く)
  • DP信号のアナログ内線(一般内線)に、PB信号で設定されている一般電話機を接続している
  • PB信号のアナログ内線(一般内線)に、DP信号で設定されている一般電話機を接続している

一般電話機で保留したあとの取り次ぎができない
  • 取り次ぎの操作が間違っている
  • 取り次ぎできないように、ビジネスフォン・PBXの設定で規制している
  • 独自に留守番機能を持っている一般電話機で保留しても、電話機自体で通話を保留するため、取り次ぎはできない

ある内線を呼び出してもずっと話中でつながらない
  • 受話器が上がりっぱなしになっている
  • 電話線がショートしている(アナログ内線)
  • アナログ内線パッケージの内線回路が故障している
  • ビジネスフォン・PBXの設定で閉塞している(使えなくしている)

会議通話ができない
  • 会議通話パッケージが故障している
  • 別のところでも会議通話が行われており、チャネルが塞がっている
  • ビジネスフォン・PBXの設定で規制している

IP多機能電話機で通話中に「プツプツ」というノイズが出る
  • パソコンとIP多機能電話機が同一ネットワークで運用されている
  • 不要なパケット(ブロードキャストなど)が多発している
  • 使用しているスイッチングハブ(PoE-HUBなど)のネゴシエーションが合っておらず、半二重モードで動作している

すべてのIP多機能電話機が使用不可
  • IP多機能電話機のLAN上でループが発生している
  • メインHUBの電源が抜けている
  • メインHUBが故障している
  • メインHUBの幹線のLANケーブルが抜けている

カールコードレス電話機によくある故障・障害・症状

通話していてもすぐに切れてしまう
  • カールコードレス電話機の子機のバッテリー切れ
  • カールコードレス電話機の親機の電波圏外で通話している

親機のアンテナが折れた
  • 落下や荷物の下敷きによる破損

子機の着信ベルが鳴らない
  • 子機側の設定で着信ベルがOFFになっている
  • 親機の電波圏外

子機が全く動作しない
  • 子機のバッテリーが切れている
  • 子機が故障している
  • 親機の電波圏外で使っている

子機の通話中に声が途切れる
  • 親機と子機の間に障害物がある
  • 親機の電波範囲ギリギリのところで通話している

電池の表示が満タンでもすぐに空になる
  • バッテリー寿命(2年ごとの取替が理想)

PHS子機やアンテナによくある故障・障害・症状

PHS子機の電波が圏外
  • 付近のPHSアンテナが故障している
  • PHSアンテナのケーブルが断線している
  • IPタイプのPHSアンテナのPOE-HUBが故障、あるいは電源が抜けている
  • PHS子機が故障している
  • ビジネスフォン・PBXに収容しているPHSアンテナパッケージが故障
  • ビジネスフォン・PBX主装置が故障

PHS子機のボタンを押しても反応しない
  • ボタンが故障している(水没、ほこりによる接触不良など)
  • キーロックがかかっている

PHS子機の電源が入らない
  • バッテリー切れ
  • 汗、洗面所、トイレなどで水没
  • 電源ボタンの故障

PHS子機を充電してもすぐに電池切れになってしまう
  • PHS子機の充電池が正しくセットされていない
  • PHS子機を充電するときに、充電器に正しくセットされていない
  • 充電器にホコリがたまっていて、接触が悪い
  • 充電器が故障している
  • バッテリー寿命、不良

PHS子機の液晶画面(ディスプレイ)のパネルが割れた
  • 落下の衝撃で割れた

液晶画面(ディスプレイ)の文字が欠けて内容がわからない
  • 初期不良のため
  • 経年劣化のため
  • 何らかの衝撃で破損した
  • 汗、洗面所、トイレなどで水没

内線呼び出しができない
  • 待受モードの設定がオフィスモードではなく、公衆モードになっている
  • 待受モードが未使用のモードになっている

歩きながら通話していると、時々通話が途切れる
  • 電波圏外の場所を通った
  • ハンドオーバ(通話が別のPHSアンテナに切り替わる時に一瞬通話が途切れる)が起きている
  • 電波を妨げる障害物がある

配線や端子によくある故障・障害・症状

完全に不通状態(反応が全くない状態)
  • 電話線が断線している
  • モジュラーコードが抜けている
  • LANケーブルが抜けている(IP電話の場合)
  • PoE-HUB(給電HUB)の電源が抜けている(IP電話の場合)

電話機がブチブチと切れたり、ついたりする
  • 電話線がどこかで挟まれているか、踏まれている
  • モジュラーケーブルの先端、もしくは電話端子が腐食している

すべての電話機が時々一斉にリセットされることがある
  • 複数の電話線がショート状態になり、ビジネスフォン主装置が安全のためリセットされる。その結果、すべての内線電話機が一斉にリセットされてしまう。

電話のモジュラーコードを替えたら使えなくなった
  • 6極4芯のL3・L4でしか使えない電話機に、6極2芯(L1・L2)のモジュラーコードを使っている
  • 特殊な細工をしているモジュラーコード(工事業者作成)を、市販のモジュラーコードに替えたため

外線によくある故障・障害・症状

外線通話中に「ブツブツ」とノイズが入る
  • INS64回線、INS1500回線、ISDN回線相当のIP電話とビジネスフォン・PBX間の網同期(クロック)がずれている
  • ビジネスフォン・PBXにアース接続されていないために、ノイズが発生している

外線が不通になった(発信・着信ができない)【IP電話サービスの場合】
  • VOIPゲートウェイが故障している
  • VOIPゲートウェイの電源が抜けている
  • VOIPゲートウェイのWAN側のケーブルが抜けている、あるいは断線している
  • VOIPゲートウェイとビジネスフォン・PBXの間の電話線が抜けている、あるいは断線している
  • ONUの電源が抜けている
  • ONUが故障している
  • 光ケーブルが断線している
  • VOIPゲートウェイ(ISDN回線相当)とビジネスフォン・PBX間の網同期(クロック)がずれている
  • 回線事業者側(NTT、KDDIなど)でネットワーク障害が発生している
  • ビジネスフォン・PBXに収容されている外線パッケージが故障している
  • ビジネスフォン・PBX側の設定で規制している
  • VOIPゲートウェイやビジネスフォン・PBXのIPアドレスと、同じIPアドレスが設定されている機器が接続されてしまっている

外線が不通になった(発信・着信ができない)【INS64回線、INS1500回線の場合】
  • INS64回線、INS1500回線とビジネスフォン・PBX間の網同期(クロック)がずれている
  • ビジネスフォン・PBXに収容されている外線パッケージが故障している
  • INS64回線の電話線が断線、あるいは絶縁不良でショートしている
  • INS1500回線で使用している光ケーブルが断線している
  • INS64回線を接続している外部DSUが故障している
  • 外部DSUとINS64回線の極性が合っていない
  • INS64回線の外部DSUと外線パッケージ間の結線が間違っている
  • INS1500回線のDSUが故障している
  • INS1500回線のDSUの電源が抜けている
  • INS1500回線のDSUとビジネスフォン・PBXの間のケーブルが抜けている、あるいは断線している
  • 回線事業者側(NTT、KDDIなど)で線路障害が発生している
  • 回線事業者の収容局側交換機の回路の故障
  • ビジネスフォン・PBX側の設定で規制している
  • ビジネスフォン・PBXの電源(AC100V)に過大なノイズが乗ってきているため、INS64回線やINS1500回線にレイヤ2障害が発生している

外線が不通になった(発信・着信ができない)【アナログ回線の場合】
  • アナログ回線の電話線が断線、あるいは絶縁不良でショートしている
  • 回線事業者側(NTT、KDDIなど)で線路障害が発生している
  • 回線事業者の収容局側交換機の回路の故障
  • ビジネスフォン・PBX側の設定で規制している
  • ビジネスフォン・PBXに収容されている外線パッケージが故障している

相手からの電話が着信拒否されてしまう
  • 相手の電話番号が迷惑電話着信拒否に登録されている
  • 相手が非通知でかけてきているため、非通知着信拒否の設定に引っかかっている

「00」からはじまる電話にかけられない
  • ひかり電話を外線として使用している

国際電話にかけられない
  • ビジネスフォン・PBXで発信が規制されている
  • ビジネスフォン・PBXで発信の設定がされていない
  • 電話回線のサービスで国際電話の発信を規制している
  • かけ方が間違っている

0発信しても外線発信できない
  • ビジネスフォン・PBXで発信が規制されている
  • ビジネスフォン・PBXで0発信の設定がされていない
  • 外線に障害が発生している

外線着信すると、別の外線も同時に着信してしまう
  • 回線事業者側(NTT、KDDIなど)の線路障害
  • VOIPゲートウェイ側の不具合
  • 電話線の絶縁不良
  • ビジネスフォン・PBXに収容している外線パッケージの不具合

外線着信すると、別の電話に転送されてしまう
  • ボイスワープが設定されている
  • ビジネスフォン・PBXの外線自動転送(転送電話)がONになっている
  • 着信先の内線が不在転送状態になっている

外線着信時に応答するとモデム音しか聞こえない。受話器を下ろすともう一度着信し、再び応答すると今度は通話になる。
  • ナンバーディスプレイ契約有りのアナログ回線を使用しているが、ビジネスフォン・PBX側にナンバーディスプレイの設定がされていない

携帯に外線発信できない
  • ひかり電話などで0033や0077などのキャリアコードをダイヤルしている
  • ひかり電話を使用しているのに、ビジネスフォン・PBXでキャリアコードを自動付加する設定になっている
  • ビジネスフォン・PBXの設定で携帯への発信を規制している

外線通話中にお互いに同時に話すと、相手の声が聞こえなくなる
  • IP多機能電話機からアナログ回線を経由して外線通話中に、エコーキャンセラが作動して相手の声をかき消してしまう
  • 多機能電話機からIP電話(ひかり電話など)を経由して外線通話中に、エコーキャンセラが作動して相手の声をかき消しまう

ビジネスフォン・PBX本体によくある故障・障害・症状

内線で通話中に「ザー」というノイズが入る
  • ビジネスフォン・PBXに収容している内線パッケージが半挿し、あるいは接触が悪い

ビジネスフォンがシステムダウン
  • ビジネスフォン・PBXの排熱口が塞がれている
  • ビジネスフォン・PBXの冷却ファンが故障している
  • 設置している部屋の空調が故障して室内が高温になっている

最後に

ビジネスフォン・PBXでの不具合の原因は数多くありますが、大別すると次のような感じで分けられます。

  • 電話機の故障
  • 配線の不良
  • ビジネスフォン・PBX主装置の故障
  • 外線側の故障・障害
  • ビジネスフォン・PBXの機能や設定によるもの

原因が簡単にわかるものであれば、対処方法も立てやすいです。

原因がよくわからない場合は、その原因をつきとめる労力のほうが、実際に対処するよりもかかるケースが多々あります。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280
336×280
おすすめトピック



スポンサーリンク
336×280