今使っているビジネスフォンやPBXでは【ひかり電話】を使えない?

「今のビジネスフォンではひかり電話を使えませんよ」というような営業トークをされるケースがよくあるようです。

結論から申し上げますと「そんなことはありません」

というわけで、順番に説明していきましょう。

スポンサーリンク

ひかり電話のビジネスフォンへの接続方法は主に4パターン

1. アナログ接続

【アナログ接続】では、ひかり電話を「アナログ回線」として、ビジネスフォン主装置(もしくはPBX)に接続することができます。

【アナログ接続】では、ひかり電話を「アナログ回線」に変換するために、アナログ回線対応のVoIPゲートウェイを接続します。

ひかり電話で使われるアナログ接続対応のVoIPゲートウェイには次のような種類があります。

ひかり電話のアナログ接続対応VoIPゲートウェイ(最新順)

機種 チャネル数 接続タイプ ルータ機能 販売価格 レンタル料金/月
OG410Xa 4 アナログ接続 40,000円 1,000円
OG810Xa 8 アナログ接続 60,000円 1,500円
OG400Xa 4 アナログ接続 40,000円 1,000円
OG800Xa 8 アナログ接続 60,000円 1,500円
VG430a 4 アナログ接続 × 40,000円 1,000円
VG830a 8 アナログ接続 × 60,000円 1,500円
VG420a 4 アナログ接続 × 40,000円 1,000円
VG820a 8 アナログ接続 × 60,000円 1,500円

現在利用中のビジネスフォン主装置(またはPBX)で、アナログ回線を利用中であれば、ひかり電話もVoIPゲートウェイでアナログ回線に変換すれば、同じように接続できるので大丈夫です。

2. BRI接続(INS64回線のT点相当)

【BRI接続】では、ひかり電話を「INS64回線のT点相当」として、ビジネスフォン主装置(またはPBX)に接続することができます。

【BRI接続】では、ひかり電話を「INS64回線のT点相当」に変換するために、BRI対応のVoIPゲートウェイを接続します。

ひかり電話で使われるBRI接続対応のVoIPゲートウェイには次のような種類があります。

ひかり電話のBRI接続対応VoIPゲートウェイ(最新順)

機種 チャネル数 接続タイプ ルータ機能 販売価格 レンタル料金/月
OG410Xi 4 BRI接続 40,000円 1,000円
OG810Xi 8 BRI接続 60,000円 1,500円
OG400Xi 4 BRI接続 40,000円 1,000円
OG800Xi 8 BRI接続 60,000円 1,500円
VG430i 4 BRI接続 × 40,000円 1,000円
VG830i 8 BRI接続 × 60,000円 1,500円
VG420i 4 BRI接続 × 40,000円 1,000円
VG820i 8 BRI接続 × 60,000円 1,500円

現在利用中のビジネスフォン主装置(またはPBX)で、INS64回線を利用中であれば、ひかり電話もVoIPゲートウェイでBRI(INS64回線のT点相当)に変換すれば、同じように接続できるので大丈夫です。

3. PRI接続(INS1500回線相当)

【PRI接続】では、ひかり電話を「INS1500回線のT点相当」として、ビジネスフォン主装置(またはPBX)に接続することができます。

【PRI接続】では、ひかり電話を「INS1500回線のT点相当」に変換するために、PRI対応のVoIPゲートウェイを接続します。

ひかり電話で使われるPRI接続対応のVoIPゲートウェイには次のような種類があります。

ひかり電話のPRI接続対応VoIPゲートウェイ(最新順)

機種 チャネル数 接続タイプ ルータ機能 販売価格 レンタル料金/月
OG2300Xi 23 PRI接続 400,000円 5,400円
VG2330X 23 PRI接続 400,000円 5,400円

現在利用中のビジネスフォン主装置(またはPBX)で、INS1500回線を利用中であれば、ひかり電話もVoIPゲートウェイでPRI(INS1500回線のT点相当)に変換すれば、同じように接続できるので大丈夫です。

4. LAN直収(LANケーブルで直接接続)

光回線が接続されているONU(光回線終端装置)から、LANケーブルで直接ビジネスフォン主装置(またはPBX)に接続します。

いわゆる「LAN直収」ですね。

この接続に関しては、LAN直収に対応したビジネスフォン(またはPBX)でなければできません。

ひかり電話では、アナログ接続、BRI接続、PRI接続、LAN直収の4つの接続に対応していることから、現在利用中のビジネスフォンでも、一部例外を除いて、ほとんどの場合接続可能です。

ただし、本当にひかり電話を接続できないケースもまれにある

ただし、ひかり電話に変更してしまうと、本当に接続できなくなってしまう、あるいは別の機器に影響が出るため変更できない、というようなケースも、まれにあります。

例えば次のようなケースです。

現在はINS64回線を利用しているが、ビジネスフォン主装置(もしくはPBX)に実装しているパッケージがU点での接続しかサポートしていない

利用中のビジネスフォン主装置(もしくはPBX)が、INS64回線を収容していて、なおかつU点で接続している場合には、注意が必要です。

ひかり電話では、U点での接続がサポートされておらず、T点でのみ接続が可能となっているからです。

ビジネスフォン主装置(もしくはPBX)に実装しているINS64回線パッケージが、U点にしか対応していないタイプの場合は、次のような選択を考えなければなりません。

  • U点専用のINS64回線パッケージから、T点接続可能なパッケージに変更してから、ひかり電話をBRI接続する
  • アナログ回線パッケージに変更してから、ひかり電話をアナログ接続する
  • PRIパッケージに変更してから、ひかり電話をPRI接続する
  • VoIPパッケージに変更してから、ひかり電話をLAN直収する
  • ビジネスフォン(あるいはPBX)を新しく取り替える

利用中の電話回線をビジネスフォン(あるいはPBX)以外の別の機器でも利用している

ビジネスフォン(あるいはPBX)で使っている電話回線を、他の機器でも利用している場合には、ひかり電話への変更を見合わせたほうがいいこともあります。

  • 警備装置
  • 銀行端末
  • CAT端末(信用照会端末)
  • G4 FAX

上記のような端末と兼用している場合は、つぎのような選択肢があります。

  • ひかり電話への変更をあきらめる
  • 兼用している電話回線以外をひかり電話へ変更する
  • 兼用している機器用に別途電話回線を用意し、ビジネスフォン(あるいはPBX)に収容している電話回線をひかり電話へ変更する

別の会社が提供しているIP電話をLAN直収しているが、利用中のビジネスフォン主装置(もしくはPBX)が、ひかり電話のLAN直収には対応していない

NTT以外のIP電話サービスをLAN直収で利用しているが、ひかり電話のLAN直収には対応していないケースでは、次のような選択をしなければなりません。

  • ひかり電話対応のVoIPパッケージを新たに実装して、ひかり電話をLAN直収する
  • アナログ回線パッケージ、BRIパッケージ、PRIパッケージなどを実装して、VoIPゲートウェイ経由での接続に変更する
  • ひかり電話のLAN直収に対応したビジネスフォン(あるいはPBX)に取り替える

上記のような理由から、現状のままではひかり電話を接続できないケースも無くはないんですよね。

なぜ使えないのか?の理由を明確に説明してもらいましょう

「なぜ、ひかり電話を使えないのか?」という理由を、わかりやすくはっきりと説明できないような営業さんであれば、はっきり言って信用しなくていいです。

逆にわかりやすく、明確に説明してくれる営業さんなら、とりあえずは大丈夫ということです。

最後に

ビジネスフォンを取り替えないとひかり電話が使えない、というようなケースはよほど珍しい機種を使っていない限りは、まずありません。

  • アナログ回線を使っているのであれば、アナログ接続
  • INS64回線を使っているのであれば、BRI接続
  • INS1500回線を使っているのであれば、PRI接続

これら3種類の接続でビジネスフォン(もしくはPBX)を利用中なのであれば、ひかり電話を接続可能、と考えて間違いありません。

簡単にその場の雰囲気に飲まれて、相手の話を鵜呑みにしないように気をつけましょうね。

もし話の内容がよくわからないようでしたら、お気軽にお問い合わせください。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280
336×280
おすすめトピック



スポンサーリンク
336×280