【ナースコール子機一斉呼出】PHSから各所の緊急呼出ボタン(ナースコール子機)を一斉呼出

ビジネスフォン・PBXのナースコール連動の一番のキモは、各所のナースコール子機からのナースコール呼出をPHS(ハンディナース)で受けることにあります。

【ナースコール子機一斉呼出】はその逆の動作をする機能となっていて、ナースコール連動しているPHS(ハンディナース)から、ナースコール制御機に接続されている、全てのナースコール子機(緊急呼び出しボタン)を一斉に呼び出すことができます。

というわけで、【ナースコール子機一斉呼出】について順番に説明していきましょう。

スポンサーリンク

同一のナースコール制御機の配下にあるナースコール子機を一斉呼出

アイホン トイレ呼出ボタン NBR-7W

ナースコール子機は、病院や介護施設などの建物内の、次のようなところに取り付けられている事が多いです。

  • トイレ
  • ベッド
  • 廊下
  • 更衣室

上記のような場所に設置されているナースコール子機は、ナースコール制御機の配下に接続されています。

それらナースコール制御機ごとに所属している、全てのナースコール子機を、同じナースコール制御機に所属しているPHS(ハンディナース)から、一斉に呼び出すことができます。

次はナースコール子機一斉呼出の具体的な動作について説明します。

ナースコール子機一斉呼出の動作概要

1. PHS(ハンディナース)からナースコール子機一斉呼出のダイヤル操作を行う

PHS(ナースコール連動端末)の受話器を上げた状態(オフフック状態)から「*」→「0」→「**」とダイヤルします。

  1. PHS(ハンディナース)の通話ボタンを押す
  2. 「#」をダイヤルする
  3. 「0」をダイヤルする
  4. 「**」をダイヤルする

2. 発信元のPHS(ハンディナース)と同じナースコール制御機に所属している、全てのナースコール子機に対して一斉呼出する

発信元のPHS(ナースコール連動端末)と同じナースコール制御機に所属している全てのナースコール子機に対して、一斉呼出を行います。

ナースコール子機一斉呼出の操作をしたPHS(ハンディナース)と、同じナースコール制御機に所属しているナースコール子機(緊急呼出ボタン)に対して、一斉呼出を行います。

最後に

通常のナースコール呼出では、ナースコール子機(緊急呼出ボタン)から、PHS(ハンディナース)、もしくはナースコール親機を呼びだします。

今回紹介したナースコール子機一斉呼出では、逆にPHS(ハンディナース)から、ナースコール子機(緊急呼出ボタン)を一斉に呼び出しします。

ナースコールシステムの運用上の性質からして、ほとんど使われることのない機能といえますが、一応こういう使い方もできるよ、という認識をしていればとりあえず大丈夫でしょう。

ナースコール連動で一番大切なのは、ナースコール呼出をPHS(ハンディナース)で受けることですからね。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280
336×280
おすすめトピック



スポンサーリンク
336×280