ルーターにもリース料金?ビジネスフォンのリースと抱き合わせる業者に注意!

ビジネスフォンをリース契約したつもりが、なぜかルーターにもリース料が発生。

そんなことはありませんか?

  1. 「電話とインターネットを光回線に一本化」と提案される
  2. ひかり電話を使うためには、新しいビジネスフォンが必要と言われる
  3. 光回線用のルーターが必要と言われる
  4. そのルーターにはリース料がかかるらしい

このような営業を受けた経験がある、あるいは今まさに提案されている最中の方は、是非参考にしてください。

というわけで、順番に説明していきましょう。

スポンサーリンク

ビジネスフォンとルーターの使用用途は?

ビジネスフォンとルータの使用用途について、具体例を上げて説明しましょう。

ビジネスフォンの使用用途の例

  • ひかり電話3ch/2番号を契約
  • 代表用の電話番号で2ch/1番号を利用
  • FAXで1ch/1番号を利用

ビジネスフォンとひかり電話の組み合わせとしては、割とオーソドックスな構成ですね。

光回線用?のルーターの使用用途の例

  • インターネットで利用
  • 無線LAN(Wi-Fi)を内蔵
  • VPNやファイアウォールなどの機能はナシ

これまた、いたってオーソドックスな用途ですね。

上記の使用用途の構成でリースを組んだとしましょう。

新品ビジネスフォン、40万円の7年リースで7,480円

新品ビジネスフォン(機器代、工事費込)を40万円の7年リースを組んだとします。

ビジネスフォン(新品)の構成は次の通りとします。

ビジネスフォン(新品)の構成
  • ビジネスフォン主装置
  • 多機能電話機 × 5台
  • 内線FAX × 1台(FAXは既設流用)
  • ひかり電話(アナログ接続)3回線をビジネスフォンに収容

仮に次の条件でビジネスフォン(新品)のリースを組んだとしましょう。

ビジネスフォン(新品)のリース契約内容
  • リース期間:7年
  • 物件価格:40万(工事費込)
  • リース料率:1.87%

その結果、ビジネスフォン(新品)のリース料金は次のとおりです。

ビジネスフォン(新品)のリース料金
  • 支払回数:84回
  • 月額リース料:7,480円
  • 総リース料:628,320円

ということで、ビジネスフォンの月額リース料は7,480円とのこと。

上記の構成であれば金額の増減は多少あるでしょうが、妥当なリース料の範囲内。

工事内容にもよりますが、上記の構成内容で月額リース料が1万円を超えるようであれば、契約内容を精査したほうが良いでしょう。

光回線用のルーター?6年リースで5,610円?

さて光回線用?のルーターのリースリース料金は下記の通りです。

ルーターのリース料金
  • 支払回数:72回
  • 月額リース料:5,610円
  • 総リース料:403,920円

ルーターの月額リース料金は5,610円。

総額だと403,920円。

ルーターで403,920円!?

一体どんなルーターなの?

ルーターといってもピンからキリまであるわけですが、家電量販店で売っている一般的なルーターの価格はせいぜい数千円程度。

無線LANもほとんどの機種で内蔵されています。

少しスペックの高いものでも数万円も出せば十分です。

数十万もするようなルーターを導入する事は、今回の構成ではまずありません。

では、本当に数十万もするようなルーターを導入するのか?

いいえ、実際は数千円程度で買えるルーターだったりします。

ルーターのリース契約は詐欺の疑いあり!

定価数千円程度のルーターにリース契約。

嘘のような話ですが、実際にこのような詐欺まがいの事が横行しているのです。

業務用の高価なルーターはともかく、数千円~数万円のルーターにリース契約?

まずありえませんね。

最後に

ルーターに限らず、何でもかんでもリース契約にこぎつけようとする業者を信用してはいけません。

「電話やインターネットの知識に疎い」と業者に思われてしまうと、特に付け込まれやすくなります。

複数の業者や、インターネット、知人などから情報を収集した上でリース契約。

これが基本です。

軽はずみにリース契約を結んでから、後悔しても遅いですからね。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280
336×280
おすすめトピック



スポンサーリンク
336×280