【トビラフォン for Business】オフィスの迷惑電話をストップするサービス!

会社にかかってくる迷惑電話に悩まされていませんか?

迷惑電話は、ビジネスを遂行する上で悩みの一つです。

電話が鳴ったら速やかに取り、通話しなければなりません。

しかしそれが業務に関係の無い電話であるなら、本来の仕事に費やすべき時間が電話によって奪われることになってしまい、仕事の能率を低下させることになってしまいます。

迷惑電話に対しては、可能ならば対応すらしたくないものです。

着信音を鳴らすことすら忌まわしいという方も多いことでしょう。

このような要望を実現する製品として、トビラシステムズの「トビラフォン for Business」が登場しています。

会社にかかってくる営業電話(勧誘電話・セールス電話)を自動で着信拒否 トビラフォン for Businessはビジネスフォン対応のソーシャル迷惑電話フィルタです。

迷惑電話をブロックする他、通話内容や通話履歴をいつでも確認できる等、ビジネスを遂行する上で嬉しい機能も搭載されています。

この記事では、「トビラフォン for Business」のポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

1. 強力な迷惑電話フィルタで、迷惑電話をブロック!

迷惑電話ブロックサービスといっても、いちいち電話番号を登録するところから始めていては、初期設定作業が大変な作業になってしまいます。

場合によっては、利用開始まで数ヶ月単位の期間が必要になってしまうかもしれません。

「トビラフォン for Business」では、そのような心配はありません。

迷惑電話のリストはトビラシステムズから提供されます。

現在25,000件以上の迷惑電話があり、導入後すぐに迷惑電話番号リストの情報は「トビラフォン for Business専用装置」に送信されます。

これにより、導入後直ちに迷惑電話はブロックされますので、着信音が鳴ることはありません。

しかも、迷惑電話番号のリストは日々更新されています。

もちろん更新情報も自動で提供されます。

また、非通知でかかってくる電話は、できれば取りたくないものでしょう。

このような電話も拒否するよう設定することができます。

もちろん、業務上必要な電話番号が誤って迷惑電話に登録されてしまうこともあるでしょう。

また、迷惑電話の番号を新たに登録したい場合もあると思います。

このような場合は、着信専用リストや着信拒否リストに登録することで対応できます。

10,000件まで登録できますので、通常の企業であれば十分な数といえるでしょう。

2. 通話録音システム

業務を運営していく上では、通話内容を録音しておきたい場面も多く出てくることと思います。

「トビラフォン for Business」では、通話を録音するシステムもついています。

音声はMP3形式で保存され、ブラウザで検索・再生できます。

従って、専用ソフトをインストールする必要なく使えることがメリットです。

2-1. コンプライアンスの強化と訴訟リスクの軽減

電話での通話は、ときとして「言った・言わない」といったトラブルになりがちです。

人によっては、証拠を残したくないという理由で電話を使う場合もあるでしょう。

通話を録音・保存することにより、その内容を正確に、かつ誰でも確認することができます。

これにより、言ったかどうかを明確にすることができ、トラブルを避けることができます。

2-2. 通話内容の事例を集積し分析、顧客満足度の向上につなげる

不特定多数の消費者に向けた製品を製造・販売していたり、サービスを提供する企業の場合、顧客対応の充実は不可欠といえます。

通話内容を録音することにより顧客対応の事例をまとめ、分析することができます。

そして良い事例、やってはいけない事例を抽出し、これらを従業員に共有することで顧客満足度の向上につなげることができます。

2-3. 早く確実な業務の遂行を実現

通話内容を録音することのもう一つのメリットは、どこにいても、また何度でも聞き直せるということです。

外出先から電話の内容を確認することにより、いちいち帰社しなくても電話への対応ができ、ビジネスのスピードアップにつながります。

また、電話はときとして聞き取りづらいこともあるものです。

何度も聞き直してようやく内容が把握できることもあるでしょう。

このような場合でも「トビラフォン for Business」なら、いつでも何度でも聞き直しは自由ですので、内容を確認するために電話をかけ直す頻度が減ることが期待できます。


 

3. 発信・着信履歴をトビラシステムズのサーバーに保存

「トビラフォン for Business」では、発信や着信の履歴、通話内容の記録等をトビラシステムズのサーバーで管理しています。

これにより通話履歴や通話内容等を一元管理することができます。

またブラウザ上でログインすることにより履歴の検索ができます。

名前や電話番号、通話日時や通話時間等をキーワードにして検索できますので、簡単に欲しい情報を呼び出すことができます。

4. 利用条件と費用

トビラフォン for Businessを利用するには、予め対応する回線が決まっています。

また一定の費用も必要となります。

4-1. 対応する回線

トビラフォン for Businessに対応する回線は、NTT東日本及びNTT西日本が提供する「ひかり電話オフィスA(エース) 4チャネル」となっています。

またINS回線に対応した製品も用意されています。

4-2. 必要な機器

「トビラフォン for Business」は、以下の機器や接続を必要とします。

  • 回線終端装置と、ひかり電話対応アダプターやPBXへのLAN接続
  • インターネットに接続できる回線への接続

4-3. 費用

導入費用は、

  • 初期費用として30万円(税抜)

が必要です。

またランニングコストとして、

  • 月額使用料が5,000円(税抜)
  • 月額保守料が2,500円(税抜)

必要となります。

まとめ

「トビラフォン for Business」は、ビジネスを効率化する機能が満載のサービスです。

着信音を鳴らさずに迷惑電話をブロックする「迷惑電話フィルタ」は、迷惑電話へ対応する時間を削ることで、仕事の能率アップがはかれます。

設置後すぐに迷惑電話をブロックしてくれる点も便利な点といえます。

その他にも、通話内容の録音や通話履歴を検索するサービスもあります。仕事の効率化だけでなく、取引先や顧客へのサービス向上にも役立つことでしょう。

ご興味のある方は、迷惑電話対策だけではなく、業務効率化の手段としても有効な「トビラフォン for Business」をご検討してみてはいかがでしょうか。

会社にかかってくる営業電話(勧誘電話・セールス電話)を自動で着信拒否 トビラフォン for Businessはビジネスフォン対応のソーシャル迷惑電話フィルタです。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280
336×280
おすすめトピック



スポンサーリンク
336×280