ビジネスフォン・PBXにVOIPゲートウェイを導入すると拠点間通話が無料に

各拠点間のビジネスフォン・PBXを、VOIPゲートウェイで専用線接続することにより、拠点間通話が無料になります。

スポンサーリンク

拠点間でも内線のような感覚で利用可能

内線のような感覚で利用可能

VOIPゲートウェイで各拠点間のビジネスフォン・PBXを専用線接続することにより、内線のような感覚で拠点間の通話が可能になります。

VOIPゲートウェイで拠点間のビジネスフォン・PBXを結ぶ場合には、各拠点間に番号を割り当てます。

VOIPゲートウェイは、この拠点番号でどこの拠点に接続するかを判別するのです。

他の拠点に電話をかける場合の操作

発信特番、拠点番号、内線番号が次のような条件だとします。

拠点番号 内線番号 発信特番
01 1000~1999 8
02 20~29 8

拠点番号01 の 内線1000 から、拠点番号02 の 内線20 にかける場合
  1. 内線1000 の受話器を上げる
  2. 発信特番の 8 をダイヤル
  3. 相手の拠点番号の 02 をダイヤル
  4. 相手の内線番号の 20 をダイヤル
  5. 拠点番号02内線20 を呼び出す

このような感じで、VOIPゲートウェイを経由して、各拠点間のビジネスフォン・PBXの通話をするわけですね。

内線番号に拠点番号を組み込むことで、より内線に近い感覚で利用可能

拠点番号と内線番号を合わせると、より内線に近い感覚で利用可能

各拠点ごとの拠点番号を、別途設けるのではなく、全拠点間の内線番号に整合性を持たせて、内線番号をダイヤルするだけで、拠点間通話をできるようにすることもできます。

全拠点の内線番号の番号計画の例

拠点番号1 (内線1000~1999) のビジネスフォン・PBXの番号計画
  • 利用する内線番号は 1000~1999
  • 拠点番号2 への発信特番は 2 (閉番号)
  • 2000 とダイヤルすると 拠点番号2内線2000 を呼び出す
  • 拠点番号3 への発信特番は 3 (閉番号)
  • 3000 とダイヤルすると 拠点番号3内線3000 を呼び出す

拠点番号2 (内線2000~2999) のビジネスフォン・PBXの番号計画
  • 利用する内線番号は 2000~2999
  • 拠点番号1 への発信特番は 1 (閉番号)
  • 1000 とダイヤルすると 拠点番号1内線1000 を呼び出す
  • 拠点番号3 への発信特番は 3 (閉番号)
  • 3000 とダイヤルすると 拠点番号3内線番号3000 を呼び出す

拠点番号3 (内線3000~3999) のビジネスフォン・PBXの番号計画
  • 利用する内線番号は 3000~3999
  • 拠点番号1 への発信特番は 1 (閉番号)
  • 1000 とダイヤルすると 拠点番号1内線1000 を呼び出す
  • 拠点番号2 への発信特番は 2 (閉番号)
  • 2000 とダイヤルすると 拠点番号2内線番号2000 を呼び出す

全拠点間の内線番号等の番号計画に整合性を持たせると、より内線に近い感覚での運用が可能になります。

【発信特番 (=拠点番号) + 残りの桁 = 内線番号】となるように設計すれば、内線番号をダイヤルするだけで、拠点間の呼び出しが可能になります。

しかし、拠点が増えたり、変更が生じた場合でも対応できるように、拡張性を十分に考慮して設計する必要があります。

VOIPゲートウェイとビジネスフォン・PBXの接続インタフェース

VOIPゲートウェイと、ビジネスフォン・PBX間の接続インタフェースには、次のようなものがあります。

  • OD専用線 (ビジネスフォン・PBX側 の OD専用線パッケージ に接続)
  • PRI専用線 (ビジネスフォン・PBX側 の 1.5M系デジタル専用線パッケージ に接続)
  • T1専用線 (ビジネスフォン・PBX側 の 1.5M系デジタル専用線パッケージ に接続)
  • BRI接続 (ビジネスフォン・PBX側 の INS64回線パッケージ に接続)
  • COT接続 (ビジネスフォン・PBX側 の アナログ回線パッケージ に接続)
  • TTC-2M専用線 (ビジネスフォン・PBX側 の TTC2M専用線パッケージ に接続)
  • No.7共通線 (ビジネスフォン・PBX側 の 共通線パッケージ に接続)

VOIPゲートウェイはIP-VPNやインターネットVPNを利用

VOIPゲートウェイはIPネットワークを経由して、拠点間を接続します。

IPネットワークを経由するための接続には、次のようなサービスが利用されます。

  • IP-VPN
  • インターネットVPN

接続の安定性を重視するならIP-VPN、接続のランニングコストを重視するならインターネットVPN、といったところでしょうか。

最後に

VOIPゲートウェイは、IPネットワークを経由して、拠点間のビジネスフォン・PBXを接続するときに利用されることが多い機器の1つです。

最近では、VOIPゲートウェイ無しでも、ビジネスフォン・PBXを直接IPネットワーク上に接続する機会が増えてきています。

VOIPゲートウェイは、古いビジネスフォン・PBXでも、従来からある専用線パッケージを利用して接続することができるので、まだまだ利用され続けることでしょう。

最後までご覧頂きましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280
336×280
おすすめトピック



スポンサーリンク
336×280