システム容量に応じたラインアップ

スポンサーリンク
システム容量に応じたラインアップ

サーバータイプのビジネスフォン・PBXで、19インチラックにすっきり搭載!

ビジネスフォン・PBXの本体装置は、単独で設置するタイプ (スタンドアローン) が主流です。 接続する内線電話機や、外線の種類が、多岐に渡る昨今では、次のような回線を接続する機会が増えてきています。 ひかり電...
2018.05.05
システム容量に応じたラインアップ

【大規模容量タイプのPBX】内線も外線もたくさん接続できる!

内線電話機を数百台以上つける 外線を数百本以上収容する このくらいの規模になると、大規模容量タイプのPBXを選択することになります。 PBX本体の設置スペースの確保と設計が不可欠 大規模容量タ...
2018.05.05
システム容量に応じたラインアップ

大規模容量のビジネスフォン 内線電話機300台程度まで、外線100本程度まで

中規模容量タイプでは足りない 内線電話機を300台程度設置したい 外線を100本程度収容したい そんな場合は、大規模容量タイプのビジネスフォンを選択することになりますが・・・。 ビジネスフ...
2018.05.05
システム容量に応じたラインアップ

中規模容量のビジネスフォン 内線100台程度まで、外線30本程度まで

中規模容量タイプのビジネスフォン、といってもこれまたメーカーや機種によってシステム容量は異なってくるわけですが、次くらいの数が目安になってきます。 内線は100台程度まで 外線は30本程度まで 小規...
2018.05.05
システム容量に応じたラインアップ

小規模容量のビジネスフォン 内線20台程度、外線10本程度まで

内線20台程度、外線10本程度であれば、小規模容量タイプのビジネスフォンを選択することになるでしょう。 小規模容量タイプのビジネスフォンといっても、メーカーや機種によってシステム容量が異なってきます。 内線電話機...
2018.05.05
システム容量に応じたラインアップ

電話機数台程度なら、ホームテレホンや一般電話機でもOK

内線2台~8台程度、外線2本~4本程度までなら、ホームテレホンや一般電話機を選択します。 ホームテレホンは、メーカーによってシステム容量が異なりますので、今後の拡張性や機能面を考慮した上で、導入されることをおすすめします。 ...
2018.05.05
システム容量に応じたラインアップ

ビジネスフォン、PBXはシステム容量に応じてラインアップが変わってくる

ビジネスフォン、PBXは接続する内線電話機の台数、及び収容する外線の本数、提供する機能に応じて製品のラインアップが変わってきます。 ビジネスフォンとPBXは基本的には使用目的を同じとしていますので、提供する機能も同じく似通って...
2018.05.05
スポンサーリンク