2024年1月にISDNが終了?ビジネスフォンへの影響は?

Q&A

ISDNが2024年1月に終了する」という話を聞いて不安にお思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

結論から申し上げますと「ISDN」自体がなくなることはありません。

 

サービス提供が終了するのは「ISDN」の中の通信モードの一つ【ディジタル通信モード】のみ。

 

ですので、ビジネスフォンやPBXでご利用中の会社様は2024年以降も継続してご利用いただけます。

 

ナビ子さん
ナビ子さん

そこのところについてもう少し詳しく説明していきましょう

 

 

スポンサーリンク

2024年1月に終了するのは【ディジタル通信モード】のみ

ディジタル通信 第2版

ISDNが終了する」という言葉だけが先行してしまって、勘違いされている人もずいぶん多いようですが、冒頭で申し上げたとおり「ISDN」サービス自体が終了するということはありません。

 

終了するとされているのはISDNサービスの中の通信モードのひとつである【ディジタル通信モード】のみ。

 

そしてISDN回線において、ほとんどの会社様で利用されているのは【通話モード】です。

 

ナビ子さん
ナビ子さん

ビジネスフォンやPBXで使われているのも、この【通話モード】なんですよ

 

実はISDNには全部で3つの通信モードがあります。

 

  • 通話モード
  • ディジタル通信モード
  • パケット通信モード

 

ナビ子さん
ナビ子さん

順番に説明していきますね

 

 

通話モード

【通話モード】は文字通り音声通話で使われる通信モードです。

 

ビジネスフォンやPBXに接続しているISDN回線、つまりINS64やINS1500もこの【通話モード】を利用しています。

 

【通話モード】2024年1月以降も引き続きご利用が可能です。

 

 

ディジタル通信モード

【ディジタル通信モード】は音声通話ではなくデータ伝送に特化した通信モードです。

 

2024年1月でサービスの提供が終了するのは、この【ディジタル通信モード】ことを指しています。

 

【ディジタル通信モード】は主に次のような用途で利用されています。

  • POS(販売情報管理システム)
  • CAT端末(信用照会端末)
  • G4FAX
  • 警備装置
  • EDI(電子商取引)
  • ネットワーク回線のバックアップ…etc.

 

上記の用途でISDNをご利用中の方は、2024年1月までに別のサービスへの切替を行う必要があります。

 

 

パケット通信モード

【パケット通信モード】データを一定長のサイズに分割後、パケットとして伝送する通信モードです。

 

【パケット通信モード】の場合、【ディジタル通信モード】と違って、データを一度蓄積してから通信を行うという特性から、通信帯域の消費が少なくて済む、というメリットがあります。

 

【パケット通信モード】2024年1月以降も引き続きご利用が可能です。

 

説明した3つの通信モードの内、2024年1月以降も使える「通信モード」は、

  • 通話モード
  • パケット通信モード

の2つ。

 

そして、2024年1月以降、使えなくなる「通信モード」は、

  • ディジタル通信モード

ということになります。

 

ですが、実際のところ、この【ディジタル通信モード】を利用しているかどうかなんてわからない、という人も多いんじゃないでしょうか?

 

ナビ子さん
ナビ子さん

次は【ディジタル通信モード】を使っているかどうかの確認方法について紹介しますね

 

 

スポンサーリンク

ディジタル通信モードを使ってるかどうかの確認方法

【ディジタル通信モード】利用しているかどうかすらわからない、というような場合は月々の請求書を確認しましょう。

 

 

利用中の場合は【INS通信料】という項目があるはずです。

 

ナビ子さん
ナビ子さん

念の為、ひと月分だけでなく、複数月分の請求書を確認することをオススメします!

 

ここで【INS通信料】という項目を見つけらた場合は、早めに代替サービスへの移行を検討するようにしましょう。

 

2024年が近づくにつれて、間違いなく混み合うことが予想されるからです。

 

 

スポンサーリンク

2027年までの補完策を提供予定

ナビ子さん
ナビ子さん

NTT東西では【ディジタル通信モード】の移行が間に合わなかった利用者のために、「補完策」の用意もあるとのこと。

 

一応、2027年までを目処に補完策での提供を予定しているそうです。

 

ただし、現行の【ディジタル通信モード】同一の品質が保証されているわけではありません。

 

ナビ子さん
ナビ子さん

機器によっては動作しない可能性も十分に考えられます。

 

できればこの補完策をあてにするのではなく、2024年1月を迎える前に代替サービスへ移行することをオススメします。

 

 

スポンサーリンク

ビジネスフォン・PBXには【ほとんど】影響なし

NEC DTK-24D-1D(WH)TEL 24ボタンデジタル多機能電話機(WH) DT500Series

ISDN回線の【ディジタル通信モード】が2024年1月以降使えなくなることによる、ビジネスフォン・PBXへの影響は【ほとんど】無いといってもいいでしょう。

 

と言いつつ、若干の影響が出てくる可能性はあるかと思います。

 

いくつか例を挙げてみましょう。

 

  • これまでINS64回線単独で使っていたG4FAXを、G3FAXに変えてビジネスフォンの内線として収容する
  • 警備装置とビジネスフォンで兼用していたISDN回線をアナログ回線へ変更する
  • ビジネスフォンのISDN内線で使っていたG4FAXを、アナログ回線単独で使えるG3FAXに変更する

 

ナビ子さん
ナビ子さん

上記のようなケースはそれほど多くはないとは思いますが、可能性としては決して否定できるものでもありません。

 

逆に言えば、上記のようなレアケースでも無い限り、【ディジタル通信モード】の終了によるビジネスフォン・PBXへの影響はほぼ皆無であることは間違いないでしょう。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、2024年1月に終了するのは「ISDN」そのものではなく、その中の通信モードの一つである【ディジタル通信モード】のみである、ということについて説明しました。

 

POSやCAT、G4FAXといった一部の機器については代替サービスへの移行が必要となるものの、ビジネスフォン・PBXにおいては2014年1月以降も引き続きISDN回線(INS64、INS1500)が使えるよ、ということがお分かりいただけたかと思います。

 

ナビ子さん
ナビ子さん

ですので、ビジネスフォン・PBXに関しては慌てて何かしなければならい、というようなことはありませんので安心してください。

 

何度も申し上げますが、2024年1月に終了するのは、あくまでも【ディジタル通信モード】のみ。

 

ナビ子さん
ナビ子さん

ISDNは2024年以降もまだまだ現役続行です。

 

 

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました