たくさんあるよ!ビジネスフォン・PBXのパッケージの種類のまとめ6つ

パッケージ(基板)の種類

ビジネスフォン・PBXには数多くのパッケージが存在します。

 

パッケージとは、ビジネスフォン・PBXの中に実装する基板のことを指します。

 

利用シーンに応じて、必要となるパッケージを、ビジネスフォン・PBXの筐体に実装することで、様々な内線や外線、機能などが使えるようになるのです。

 

というわけで、ビジネスフォン・PBXで使用するパッケージについてまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

【1】内線系パッケージ

多機能内線パッケージ

多機能電話機を接続するためのパッケージです。

 

【多機能内線パッケージ】ビジネスフォンに多機能電話機を接続!
多機能内線パッケージは、ビジネスフォン・PBXに多機能電話機を接続するための基板です。【1】ビジネスフォン・PBXで最もよく利用されるパッケージビジネスフォン・PBXで一番多く使われる端末は、ずばり多機能電話機です。それに伴い、多機能内線用

 

アナログ内線パッケージ(一般内線パッケージ)

一般家庭でも使えるタイプの普通の電話機を接続するためのパッケージです。

 

【アナログ内線パッケージ】ビジネスフォンに一般電話機を接続!
アナログ内線パッケージ(一般内線パッケージ)は、ビジネスフォン・PBXに一般電話機を内線として接続するための基板です。【1】そもそも一般電話機とは?一般電話機とは次のような電話機です。 アナログ回線に接続して使う、一般家庭などでよく使われ

 

長距離内線パッケージ

一般内線を遠くはなれた場所でも接続できるようにする、長距離対応のパッケージです。

 

【長距離内線パッケージ】離れた場所にアナログ内線を送り込む!
広い敷地内にて、ビジネスフォン・PBX本体から遠く離れた場所にアナログ内線を設置したい 数km離れた場所にある、別の事業所に対して一般内線を接続したい長距離内線パッケージは、ビジネスフォン・PBX本体から遠く離れた場所にアナログ内線(

 

VOIPパッケージ (内線用)

IP電話機を接続するためのパッケージです。

 

【VOIPパッケージ】ビジネスフォンにIP内線/外線/専用線収容
VOIPパッケージは、ビジネスフォン・PBXに、IP電話やIP端末、IPベースの専用線を接続するときに使用する基板です。【1】VOIPパッケージに収容するIP端末 (内線)VOIPパッケージに内線として収容できるIP端末には、次のようなもの

 

PHSアンテナ接続パッケージ

PHSアンテナを接続するためのパッケージです。

 

PHSアンテナから電波は発信することで、PHS子機を内線として利用できます。

 

【PHSアンテナ接続パッケージ】PHSをビジネスフォンの内線に!
PHSアンテナ接続パッケージは、PHSアンテナをビジネスフォン・PBXに接続して、PHS子機を内線として使用するための基板です。【1】PHSをビジネスフォン・PBXの内線として使うために必要PHSは1.9GHz帯の周波数帯の電波で通信を行い

 

ISDN内線パッケージ

INS64回線と同じ信号方式の内線を作り出せるパッケージです。

 

【ISDN内線パッケージ】ビジネスフォンからISDN内線を作成!
ISDN内線とは、INS64回線と同じ信号で動作する内線のことです。ISDN回線の内線版といってもいいでしょう。ISDN内線パッケージ はこのISDN内線を接続するための基板です。【1】ISDNの接続は4つの種類にわかれる公衆網で使われる電

 

タイトルとURLをコピーしました