たくさんあるよ!ビジネスフォン・PBXのパッケージの種類のまとめ6つ

パッケージ(基板)の種類

 

スポンサーリンク

【4】機能系パッケージ

ドアホンパッケージ

ドアホンを接続するためのパッケージです。

 

ビジネスフォン・PBXと接続されたドアホンのボタンを押すと、内線電話機を呼び出して通話をすることができます。

 

 

構内放送パッケージ

放送設備とビジネスフォン・PBXを接続するためのパッケージです。

 

内線電話機から放送を行ったり、放送に応答できるようになります。

 

 

外部音源接続パッケージ

外部音源をビジネスフォン・PBXに接続するためのパッケージです。

 

保留音やBGMなどを外部音源から入力できるようになります。

 

 

PB信号パッケージ

PB信号 (プッシュ信号) の入力を受信、あるいはPB信号を送出するためのパッケージです。

 

ダイヤルイン契約をしたアナログ回線や、PB信号を使う一般電話機を使うときに、必要になります。

 

 

会議通話パッケージ

3台以上の内線電話機で会議通話を行うためのパッケージです。

 

最大で32者までの会議通話が可能なパッケージもあります。

 

 

ナンバーディスプレイパッケージ

ナンバーディスプレイ契約をしたアナログ回線を収容するときに必要になります。

 

局から送られてくるナンバーディスプレイ情報である、モデム信号を受信して、電話機の画面に番号情報を表示させることができます。

 

 

通話料金管理パッケージ

内線電話機の通話料金を管理するためのパッケージです。

 

 

ボイスメールパッケージ

ボイスメール機能を提供するためのパッケージです。

 

ボイスメール機能を使うと、留守番機能や通話録音が利用できるようになります。

 

 

デジタルナースコールパッケージ

デジタルナースコールの制御装置を接続するためのパッケージです。

 

ビジネスフォン・PBXをナースコール連動させるときに必要となります。

 

 

アナログナースコールパッケージ

アナログナースコールの制御装置を接続するためのパッケージです。

 

現在ではほとんど利用されることはありません。

 

 

タイトルとURLをコピーしました