【LD専用線パッケージ】市内専用線でビジネスフォンを拠点間接続

パッケージ(基板)の種類

LD専用線パッケージは、ビジネスフォン・PBX同士を市内専用線で接続するための基板です。

 

ちなみにLDはループダイヤルの略です。

 

 

スポンサーリンク

【1】LD専用線パッケージが使われるケース

LD専用線パッケージが使われるケースは大きく分けると次の2通りになります。

 

  1. 数km以上離れた場所にある、別の拠点間をLD専用線で接続する
  2. 同一の敷地内にあるビジネスフォン・PBX間を、LD専用線で接続する

 

ケース別に説明していきましょう。

 

 

1. 数km以上離れた場所にある、別の拠点間をLD専用線で接続する

市内、市外、県内、県外といった、別の拠点にあるビジネスフォン・PBXに接続するケースでは、アナログ専用サービスを契約する必要があります。

 

アナログ専用サービスの中の、トールダイヤル方式を契約することで、拠点間を1対1で結ぶ専用回線を利用できます。

 

ナビ子さん
ナビ子さん

この専用回線は音声通話を通す、いわば「土管」のような役割を果たすんですね。

 

この専用回線は、それぞれの拠点に設置されたビジネスフォン・PBXに実装されたLD専用線パッケージに接続されます。

 

そして専用回線を経由することにより、お互いの拠点間の内線同士で専用線通話ができるようになるんですね。

 

ナビ子さん
ナビ子さん

なおアナログ専用サービスは、通話本数に応じて契約する必要があります。

 

たとえば同時に4通話したいのであれば4回線分アナログ専用サービスを契約します。

 

 

2. 同一敷地内にあるビジネスフォン・PBX間を、LD専用線で接続する

同じ敷地内、あるいは同じ建物内のビジネスフォン・PBX同士を専用線接続するケースもあります。

 

ナビ子さん
ナビ子さん

この場合、アナログ専用サービスの契約は不要です。

 

その代わり専用線通話したいビジネスフォン・PBX間を、物理的に電話線で接続する必要があります。

 

ナビ子さん
ナビ子さん

いわゆる直結ですね。

 

 

スポンサーリンク

【2】LD専用線では、番号の通知はできない

LD専用線では次のように、相手に番号を通知したり、相手からの番号を表示させることはできません。

 

  • かけてきた相手の内線番号や、拠点番号は表示されない
  • 相手先に自分の内線番号や、拠点番号を通知することはできない

 

 

LD専用線は「個別線信号方式」

LD専用線では、OD専用線と同じく「個別線信号方式」と呼ばれる方式が採用されています。

 

「個別線信号方式」では音声信号と制御信号が同一の回線上で扱われるため、通話中に音声以外の情報 (発番号の情報など) を、同時に送受信することができないからです。

 

 

スポンサーリンク

【3】LD専用線パッケージ1枚あたりに接続できる本数

  • 2回線
  • 4回線
  • 8回線

 

 

スポンサーリンク

【4】LD専用線パッケージによく付けられる型番

  • LD
  • LDT
  • DIO
  • DIOPU

 

 

スポンサーリンク

最後に

近年ではアナログ専用線サービスの代わりに、IPネットワークを使ったVPNを使うケースが増えてきており、LD専用線での接続は年々減ってきています。

 

そんなこともあり、LD専用線パッケージは姿を消しつつある基板のひとつと言えるかもしれません。

 

↓↓電話のトータルコストを抑えたい方は↓↓

 

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました