着信を携帯に転送!【ビジネスフォンでの転送】と【ボイスワープ】を比較してみた

会社で使っているビジネスフォンにかかってきた電話を、携帯に自動転送したい。

  • 事務所不在時に一時的に携帯へ転送したい
  • 営業時間外は携帯へ転送したい
  • 事務所にいても電話機のそばにいないので携帯に転送したい

ビジネスフォンで外線着信を自動転送させるには、次の2通りの方法があります。

  • ボイスワープで転送
  • ビジネスフォンの外線自動転送で転送

というわけで、この2つの方法を比較してみました。

スポンサーリンク

ボイスワープで携帯へ自動転送する場合

ボイスワープは、ビジネスフォンの機能ではなく、電話回線のサービスになります。

ボイスワープで転送をかけると、ビジネスフォンに収容している電話回線を通らずに、ダイレクトに転送先を呼び出します。

転送先にはかけてきた相手の電話番号を通知

ボイスワープで転送した場合、転送先の携帯には、かけてきた相手の電話番号を通知します。

発信元の番号がわかるので、どこからかかってきたのかがわかります。

  • xx-xxxx-1111 かけてきた相手
  • xx-xxxx-2222 転送元の電話番号 (ボイスワープ契約あり)
  • 090-xxxx-xxxx 転送先の携帯電話

  1. xx-xxxx-1111 から xx-xxxx-2222 へ電話をかける
  2. xx-xxxx-2222 はボイスワープで 090-xxxx-xxxx へ転送設定中
  3. xx-xxxx-2222 へは着信せずに、090-xxxx-xxxx へ着信する
  4. 090-xxxx-xxxx には かけてきた相手の「xxxxxx1111」の電話番号が通知される

かけてきた相手に転送のアナウンスを通知できる

ボイスワープの設定によっては、かけてきた相手に対して、転送する旨を案内するメッセージを流すことができます。

  1. xx-xxxx-1111 から xx-xxxx-2222 へ電話をかける
  2. xx-xxxx-2222 はボイスワープで 090-xxxx-xxxx へ転送設定中
  3. xx-xxxx-2222 に 転送のアナウンスを送出
  4. xx-xxxx-2222 へは着信せずに、090-xxxx-xxxx へ着信する

転送先にはどの電話番号から転送されたかをアナウンス通知できる

転送先の携帯には、どの電話番号から転送されてきたのかを知らせるアナウンスを流すことができます。

  1. xx-xxxx-1111 から xx-xxxx-2222 へ電話をかける
  2. xx-xxxx-2222 はボイスワープで 090-xxxx-xxxx へ転送設定中
  3. xx-xxxx-2222 へは着信せずに、090-xxxx-xxxx へ着信する
  4. 090-xxxx-xxxx が着信に応答すると xx-xxxx-2222 から転送されたというアナウンスを送出する

携帯電話からリモートコントロールができる

ボイスワープの設定を行う場合、通常はボイスワープ契約をした電話回線を使って操作をする必要があります。

しかしリモートコントロールをあらかじめ設定しておけば、転送の開始/停止 もしくは 転送先の変更 を携帯電話から行うことができます。

ボイスワープは月額料金がかかる

ボイスワープは電話回線のサービスになるので、月額料金が別途必要になります。

転送元から転送先の間の通話料金がかかる

転送元の電話番号 から 転送先の電話 の間の通話料金が別途必要になります。

ビジネスフォンの外線自動転送機能で転送する場合

ビジネスフォンに2本以上の電話回線を収容しているのであれば、ビジネスフォンの外線自動転送で携帯に転送させることができます。

転送先にはかけてきた電話番号ではなく転送元の電話番号を通知

ビジネスフォンの外線自動転送で携帯に転送した場合は、かけてきた相手の電話番号ではなく、転送元の電話番号が通知されます。

  • xx-xxxx-1111 かけてきた相手
  • xx-xxxx-2222 転送したい電話番号 (ビジネスフォンに収容、転送設定中)
  • xx-xxxx-3333 転送元の電話番号 (ビジネスフォンに収容、転送時に自動発信する)
  • 090-xxxx-xxxx 転送先の携帯電話

  1. xx-xxxx-1111 から xx-xxxx-2222 へ電話をかける
  2. xx-xxxx-2222 はビジネスフォンの設定で 090-xxxx-xxxx へ転送設定中
  3. xx-xxxx-2222 に着信後、xx-xxxx-3333 から 090-xxxx-xxxx へ自動発信
  4. 090-xxxx-xxxx には 転送元「xxxxxx3333」の電話番号が通知される

同時に複数の電話番号へ自動転送できる機能もある

転送先を複数に設定したい場合もあるかと思います。

ビジネスフォンの中には、複数の転送先に同時に着信させる機能を持った機種もあります。

  • xx-xxxx-1111 かけてきた相手
  • xx-xxxx-2222 転送したい電話番号 (ビジネスフォンに収容、転送設定中)
  • xx-xxxx-3333 転送元の電話番号 (ビジネスフォンに収容、転送時に自動発信する)
  • xx-xxxx-4444 転送元の電話番号 (ビジネスフォンに収容、転送時に自動発信する)
  • xx-xxxx-5555 転送元の電話番号 (ビジネスフォンに収容、転送時に自動発信する)
  • 090-xxxx-6666 転送先の携帯1
  • 090-xxxx-7777 転送先の携帯2
  • 090-xxxx-8888 転送先の携帯3

  1. xx-xxxx-1111 から xx-xxxx-2222 へ電話をかける
  2. xx-xxxx-2222 はビジネスフォンの設定で 090-xxxx-6666、7777、8888 へ転送設定中
  3. xx-xxxx-2222 に着信後、xx-xxxx-3333、4444、5555 から 090-xxxx-6666、7777、8888へ自動発信
  4. 一番早く応答した携帯 090-xxxx-6666 と xx-xxxx-1111 が通話になる

転送の操作はビジネスフォンの内線電話機から行う

転送の開始/停止の操作は、基本的にはビジネスフォンの内線電話機から行います。

新しい機種では外出先からでも転送の操作ができる

新しいビジネスフォンであれば、外出先からでも転送の開始/停止操作を行うことができます。

ただし、外出先からアクセスするための 専用の電話番号 もしくは 発番号に応じて着信方式を変更する設定 のいずれかが必要になります。

ビジネスフォンの独自機能での転送なので月額料金は不要

電話回線のサービスではなく、ビジネスフォンの独自の機能での転送になるので月額料金はかかりません。

転送元から転送先の間の通話料金がかかるのは同じ

ボイスワープと同様、転送元 から 転送先 の間の通話料金はかかります。

最後に

ビジネスフォンへの着信を転送する方法は大きく分けて、「ボイスワープ」と「ビジネスフォンの外線自動転送」の2つになります。

この2つについてまとめると、次のようになります。

ボイスワープの場合
  • かけてきた人の電話番号が通知される(発信元がわかる)
  • かけてきた人に転送する旨のアナウンスを流せる
  • 転送先の人に、どの電話番号からの転送かアナウンスを流せる
  • 1回線だけでも転送できる
  • 月額利用料金がかかる
  • 外出先の携帯電話からでも転送の開始/解除ができる

ビジネスフォンの外線自動転送の場合
  • 転送元の電話番号が通知される(発信元がわからない)
  • ビジネスフォンに最低でも2回線以上の外線が必要
  • 月額利用料金がかからない
  • 外出先の携帯電話からでも転送の開始/解除ができる(新しいビジネスフォンのみ)
  • 同時に複数の転送先を呼び出すことが可能(応答は早い者勝ち)

使い勝手の良さは断然「ボイスワープ」になりますが、「ビジネスフォンの外線自動転送」も複数の転送先を設定できたりするので、状況に応じて使い分けるのもいいでしょう。

Check!  icon-arrow-right  ビジフォン.com

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280