【INS1500回線】ISDNサービスのひとつで、1回線で同時23通話可能!

ISDN回線(INS64・INS1500)

INS1500回線は、ISDN回線のひとつで、銅線(メタルケーブル)ではなく、光ファイバーを媒体に使用したデジタル回線のことです。

 

 

スポンサーリンク

INS1500回線は、1回線で23通話

1回線で23通話

INS64回線やアナログ回線は、媒体に銅線(メタルケーブル)を使用しますが、INS1500回線では、光ファイバーを媒体に使用して、通信を行います。

 

INS1500は1本の回線で、23B+D(Dチャネルは、23Bチャネルの制御用)の通信が可能です。そのため、多数の回線を必要とする会社に導入される事例が多いです。(特にコールセンターや官庁など)

 

INS1500回線の基本的な機能に関しては、INS64回線とほぼ同様の内容となっています。

 

 

スポンサーリンク

INS1500回線は、P-P接続のみサポート

INS64回線と違い、INS1500回線はP-P接続(Point to Point接続)のみサポートしています。

 

そのため、P-MP接続(Point to MultiPoint接続)の時に可能だった、バス接続は利用できません。

 

 

スポンサーリンク

INS1500回線DSUで、光ファイバーからメタルケーブルに変換

光ファイバーからメタル線に変換

INS1500回線は、通常の電話回線と異なり、光ファイバーを通信媒体としますので、INS1500回線専用のDSUを接続することになります。

 

INS500回線専用のDSUから先は、4心のメタルケーブル(銅線)を使用して、ビジネスフォン・PBXに接続します。

 

この4心のメタルケーブル(銅線)は、INS1500回線専用のケーブルか、もしくはLANケーブルを使用します。

 

 

INS1500回線専用ケーブル

  • INS1500回線専用DSU側は【RJ48】コネクタ
  • ビジネスフォン・PBX側は【RJ45】コネクタ

 

 

LANケーブル

  • ケーブルの両端ともに【RJ45】コネクタ

 

 

スポンサーリンク

INS1500回線専用DSUには、電源対策が必要

電源対策が必要

INS1500回線専用DSUは、INS64のDSUと違い、別途外部電源が必要になります。

 

 

INS64回線のDSUの場合

コネクト ISDN回線終端装置 DSU64CN

INS64回線は、媒体がメタルケーブル(銅線)なので、局からの電力を電話回線であるメタルケーブルを経由して、電源供給を受けることができます。

 

 

INS1500回線専用のDSUの場合

INS1500回線専用DSUは、媒体が光ファイバーなので、ケーブルから電源供給を受けることができません。

 

そのため、INS1500回線専用DSUを動作させるために、次のいずれかの電源を別途供給する必要があります。

 

  • 【交流の場合】AC100V
  • 【直流の場合】DC48V

 

 

電源供給が止まると23通話分が不通に

何らかのトラブルで、外部電源からの供給が途絶えてしまうと、23通話分の電話回線がすべて使用できない状態になってしまうので、INS1500回線専用DSUの電源供給には、十分に対策を施しておく必要があります。

 

その対策として以下のような方法があります。

 

  • 無停電の電源回路を用意し、そこからINS1500回線専用DSUに電源を供給する
  • ビジネスフォン・PBXから DC48V【直流】 の電源をINS1500回線専用DSUに供給する
  • ビジネスフォン・PBXからの DC48V【直流】 の電源をインバーターで AC100V【交流】に変換し、そこからINS1500回線専用DSUに電源を供給する

 

 

スポンサーリンク

INS1500回線の料金

導入時の費用 施設設置負担金 56,100円

(税抜価格 51,000円)

合計

56,980円

(税抜価格 51,800円)

契約料 880円

(税抜価格 800円)

月額基本費用 回線使用料 34,100円

(税抜価格 31,000円)

合計

49,500円

(税抜価格 45,000円)

屋内配線使用料 2,200円

(税抜価格 2,000円)

機器(DSU)使用料 13,200円

(税抜価格 12,000円)

付加機能使用料 付加サービスにより異なる
通信料 加入電話と同様

 

  • 上記料金以外に、1番号ごとに、ユニバーサルサービス料3.3円(税抜 3円)が必要

 

 

INS1500回線はダイヤルインと併せて利用

INS1500回線は、基本的にダイヤルイン契約して使用します。(1番号のみの場合は、契約不要)

 

ダイヤルインは電話番号を1つ追加するごとに、月額880円(税抜 800円)がかかります。

 

ダイヤルイン契約で、65番号以上の電話番号を取得される場合は、「ダイヤルインエコノプラン」で契約した方が金額が安くなります。

 

 

ダイヤルインエコノプラン

ダイヤルインエコノプランは、ビジネスフォン主装置に接続している、すべての内線に対して個別の外線番号を割り当てる時などに利用します。

 

通常のダイヤルイン 1番号につき 880円

(税抜 800円)

ダイヤルイン

エコノプラン

500番号まで

(定額)

55,000円

(税抜 50,000円)

501番号以上

(1番号につき)

110円

(税抜 100円)

 

 

64番号以上取得で、ダイヤルインエコノプランのほうがお得に

通常のダイヤルイン契約の場合
ダイヤルイン料金 57,200円

(880円×65番号)

ユニバーサルサービス料 215円

(3.3円×65番号)

合計 57,415円

 

ダイヤルインエコノプランの場合
ダイヤルイン料金 55,000円
ユニバーサルサービス料 1,650円

(3.3円×500番号)

合計 56,650円

 

ダイヤルインに関しては次のページを参照してください。

 

 

スポンサーリンク

最後に

INS1500回線は、1回線契約しただけで、同時23通話できることから、次のような多くの電話回線を必要とする所で採用されることが多いです。

 

  • コールセンター
  • 病院
  • ホテル
  • 大手企業
  • 官庁

 

ひかり電話などのIP電話サービスが普及している現在においても、回線の品質、信頼性の高さから、INS1500回線を選択するケースは多く見受けられます。

 

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました