固定電話~携帯電話間 無料・定額通話ができる組み合わせ

社内の固定電話と社外の携帯電話間の通話が多い会社は多数ありますよね?

  • 社外に出ている社員に会社から連絡を取ることが多い
  • 会社から外出先の携帯電話へ直接取り次ぐことが多い
  • 外出先から会社によく電話をかける

固定電話と携帯電話の通話料金は1分あたり15円~40円程度かかります。

固定電話から固定電話の3分8円に比べるとずいぶんと高いことがわかりますよね?

この通話料金を無料もしくは定額にできる組み合わせをまとめてみました。

目次

スポンサーリンク

固定「おとくライン」と携帯「ソフトバンク携帯」で定額通話

固定電話の「おとくライン」とはソフトバンクテレコムが提供している法人向けの固定電話サービスです。

※固定電話と携帯電話の月額基本料金が別途必要です。

【固定電話】おとくラインのホワイトプラン24に加入

契約しているおとくラインの回線の種類に応じてホワイトプラン24に加入します。

  •  おとくラインのアナログ回線は月額1回線/500円[税別]
  • INS64回線は月額1回線/1000円[税別]

おとくラインのホワイトプラン24に加入することでおとくラインからソフトバンク携帯への通話料金が無料になります。

【携帯電話】ソフトバンク携帯のホワイトプラン24に加入

ソフトバンク携帯もおとくラインと同じくホワイトプラン24に加入します。

  • ソフトバンク携帯は月額1回線/934円[税別]

これでソフトバンク携帯からおとくラインへの通話料金が無料になります。

固定「KDDI光ダイレクト」と携帯「au携帯」が定額通話

固定電話の「KDDI光ダイレクト」はKDDIが提供する光回線による法人向けのIP直収電話サービスです。

※固定電話と携帯電話の月額基本料金が別途必要です。

KDDI光ダイレクトとau携帯電話を同一法人名義で契約

  • KDDI光ダイレクトとau携帯電話を合わせて2回線以上であること
  • KDDI光ダイレクトとau携帯電話を合わせて1000回線以内であること

【固定電話】KDDI光ダイレクトのビジネス通話定額に加入

KDDI光ダイレクトから同一法人名義のau携帯電話への通話料金が無料になります。

  • 1chごとに月額900円[税別]

【携帯電話】au携帯のビジネス定額通話に加入

au携帯電話から同一法人名義のKDDI光ダイレクトへの通話料金が無料になります。

  • 3G(WIN料金プランの場合)は1回線ごとに月額900円[税別]
  • 4G LTE(4G LTE用料金プランの場合)は1回線ごとに月額300円[税別]

これで同一名義内での固定電話「KDDI光ダイレクト」と携帯電話「au携帯電話」間の通話料金が無料になります。

固定「KDDI-IPフォン」と携帯「au携帯」が定額通話

固定電話の「KDDI-IPフォン」はKDDIが提供する法人向けのIP電話サービスです。

※固定電話と携帯電話の月額基本料金が別途必要です。

KDDI-IPフォンとau携帯電話を同一法人名義で契約

  • KDDI-IPフォンとau携帯電話を合わせて2回線以上であること
  • KDDI-IPフォンとau携帯電話を合わせて1000回線以内であること

【固定電話】KDDI-IPフォンのビジネス通話定額に加入

KDDI-IPフォンから同一法人名義のau携帯電話への通話料金が無料になります。

  • 1chごとに月額900円[税別]

【携帯電話】au携帯のビジネス定額通話に加入

au携帯電話から同一法人名義のKDDI-IPフォンへの通話料金が無料になります。

  • 3G(WIN料金プランの場合)は1回線ごとに月額900円[税別]
  • 4G LTE(4G LTE用料金プランの場合)は1回線ごとに月額300円[税別]

これで同一名義内での固定電話「KDDI-IPフォン」と携帯電話「au携帯電話」間の通話料金が無料になります。

固定「OCNドットフォンオフィス」と携帯「050plus」が無料通話

固定電話の「OCNドットフォンオフィス」とはプロバイダのOCNが提供する企業向けの050IP電話サービスです。

一方、携帯電話の「050plus」はスマートフォンの電話アプリとして使用する050IP電話サービスです。

※固定電話と携帯電話の月額基本料金が別途必要です。

【固定電話】OCNドットフォンオフィスは050plusへの通話料金は無料

  • 別途定額通話の契約は不要
  • 050plusの他にも050番号での無料通話先が多数

【携帯電話】050plusの無料アプリをスマートフォンに入れて使用

  • iOS、AndroidなどのOSに応じた無料アプリをインストール
  • 月額料金は300円[税別]
  • OCNドットフォンオフィスの他にも050番号での無料通話先が多数

これで固定電話「OCNドットフォン」と携帯電話「050plus」間での無料通話ができるようになります。

固定「FUSION IP-Phone」と携帯「FUSION IP-Phone Smart」が無料通話

固定電話の「FUSION IP-Phone」はFUSIONが提供する050IP電話サービスです。

一方、携帯電話の「FUSION IP-Phone Smart」はスマートフォンの電話アプリとして使用する050IP電話サービスです。

※固定電話と携帯電話の月額基本料金が別途必要です。

【固定電話】FUSION IP-PhoneはFUSION IP-Phone Smartへの通話料金は無料

  • 別途定額通話の契約は不要
  • 他にも050番号での無料通話先が多数

【携帯電話】無料アプリ「SMARTalk」をスマートフォンに入れて使用

  • iOS、AndroidなどのOSに応じた無料アプリ「SMARTalk」をインストール
  • 「SMARTalk」以外にもFUSION IP-Phone Smartに対応したSIPクライアントでも利用可能
  • 月額料金は無料
  • 他にも050番号での無料通話先が多数

これで固定電話「FUSION IP-Phone」と携帯電話「FUSION IP-Phone Smart」間での無料通話ができるようになります。

固定「オフィスリンクのアクセス回線」と携帯「ドコモ携帯」が定額通話

NTTのFMCサービス「オフィスリンク」は固定電話とドコモ携帯間で内線定額通話ができるサービスです。

※固定電話と携帯電話の月額基本料金が別途必要です。

オフィスリンクのアクセス回線とドコモ携帯電話を同一法人名義で契約

  • オフィスリンクのアクセス回線
  • ドコモ携帯(FOMA、Xi)
  • 上記を全て同一法人名義で契約

【固定電話】オフィスリンクのアクセス回線を契約

オフィスリンクのアクセス回線はオフィスリンク契約した携帯電話と通話するための専用の回線になります。

  • 内線グループ基本料は、1契約月額2000円[税別]
  • オフィスリンクFOMA/Xi接続料は、月額400円[税別]/ch
  • アクセス回線【フレッツ光(14ch)】は、月額5000円[税別]/アクセス回線
  • アクセス回線【フレッツ光(28ch)】は、月額10000円[税別]/アクセス回線
  • アクセス回線【専用線(10Mbps以下)】は、月額8000円[税別]/アクセス回線
  • アクセス回線【専用線(10Mbps超~100Mbps以下)】は、月額12000円[税別]/アクセス回線

【携帯電話】オフィスリンクのグループに加入

  • オフィスリンク利用料(FOMA/Xi)は、月額900円[税別]/回線

【固定電話】と【ドコモ携帯】間で内線通話が可能

ビジネスフォン/PBX配下の内線電話機とドコモ携帯間で内線番号での通話が可能になります。

社内の内線電話機からドコモ携帯にかけた場合、携帯には内線電話機の内線番号が表示されるので誰からかかってきたのかが画面上でわかるようになります。

逆に社外のドコモ携帯から社内の内線電話機へもダイレクトに呼び出すことが可能になります。

これで固定電話「オフィスリンクのアクセス回線」と携帯電話「ドコモ携帯」間での定額通話が可能になります。

固定「KDDIビジネスコールダイレクトのアクセス回線」と携帯「au携帯電話」が定額通話

KDDIのFMCサービス「KDDIビジネスコールダイレクト」は固定電話とau携帯間で内線定額通話ができるサービスです。

※固定電話と携帯電話の月額基本料金が別途必要です。

KDDIビジネスコールダイレクトのアクセス回線とau携帯電話を同一法人名義で契約

  • KDDIビジネスコールダイレクトのアクセス回線
  • au携帯
  • 上記を全て同一法人名義で契約

【固定電話】KDDIビジネスコールダイレクトのアクセス回線を契約

KDDIビジネスコールダイレクトの主なアクセス回線は「光ダイレクト」「auひかりビジネス」「KDDI-IPフォン」があります。

  • CUG基本利用料は、1グループ月額2000円[税別] ※CUGは「Closed User Group」の略で固定-携帯間でのグループ内の内線通話が可能となるグループのこと
  • オンネット基本利用料(光ダイレクト、auひかりビジネス、KDDI-IPフォン)は、月額400円[税別]/ch
  • サブネット基本利用料は、無料
  • 【付加サービス】自由内線型ダイヤルイン利用料(オンネット、サブネット)は、1事業所ごとに月額2000円[税別] ※au携帯からビジネスフォン/PBX配下の固定電話への内線着信が可能になります

【携帯電話】au携帯をKDDIビジネスコールダイレクトのグループに加入

  • オンネット基本利用料(au)は、月額900円[税別]/回線

【固定電話】と【au携帯】間で内線通話が可能

ビジネスフォン/PBX配下の内線電話機とau携帯間で内線番号での通話が可能になります。

社内の内線電話機からau携帯にかけた場合、携帯には内線電話機の内線番号が表示されるので誰からかかってきたのかが画面上でわかるようになります。

付加サービスの自由内線型ダイヤルインを契約していれば、社外のau携帯から社内の内線電話機へもダイレクトに呼び出すことが可能になります。

これで固定電話「KDDIビジネスコールダイレクトのアクセス回線」と携帯電話「au携帯」間での定額通話が可能になります。

固定「ホワイトオフィス専用線」と携帯「ソフトバンク携帯」が定額通話

ソフトバンクテレコムのFMCサービス「ホワイトオフィス」は固定電話とソフトバンク携帯間で内線定額通話ができるサービスです。

※固定電話と携帯電話の月額基本料金が別途必要です。

ホワイトオフィス専用線とソフトバンク携帯電話を同一法人名義で契約

  • ホワイトオフィス専用線
  • ソフトバンク携帯
  • 上記を全て同一法人名義で契約

【固定電話】ホワイトオフィス専用線

ホワイトオフィス専用線はホワイトオフィス契約したソフトバンク携帯と通話するための専用の回線になります。

  • ホワイトオフィス専用線の接続回線料金は、別途見積もり/PRI
  • ONU利用料金は、月額9500円[税別]/PRI
  • ソフトバンク携帯50回線以上契約している企業が対象

【携帯電話】ソフトバンク携帯

  • ホワイトプランは、月額934円[税別]/回線
  • Wホワイトは、月額934円[税別]/回線
  • ホワイトオフィスは、月額934円[税別]/回線
  • ホワイトオフィスCH接続料は、月額400円[税別]/回線

【固定電話】と【ソフトバンク携帯】間で内線通話が可能

ビジネスフォン/PBX配下の内線電話機とソフトバンク携帯間で内線番号での通話が可能になります。

社内の内線電話機からau携帯にかけた場合、携帯には内線電話機の内線番号が表示されるので誰からかかってきたのかが画面上でわかるようになります。

逆に社外のソフトバンク携帯から社内の内線電話機へもダイレクトに呼び出すことが可能になります。

これで固定電話「ホワイトオフィス専用線」と携帯電話「ソフトバンク携帯」間での定額通話が可能になります。

最後に

固定電話と携帯電話間の通話料金は月々の電話料金の内、かなりの割合をしめることが多いです。

それだけ通話しているということなのですが、もしこの通話料金が無料もしくは定額になれば、業務そのものが今までとは違ったものになるかもしれませんね。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280