ひかり電話で料金削減!ひかり電話をビジネスフォンに接続する3つのまとめ

ひかり電話

ビジネスフォン・PBXに、ひかり電話を収容して、電話料金を削減するために、ひかり電話について簡単にまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

ひかり電話なら元の電話番号がそのまま使える

ひかり電話 は、050番号のIP電話 と同じように、IPネットワークを使用したIP電話サービスのひとつです。

 

050番号 と ひかり電話 の違いは次の通りです。

 

  • 通話品質が 050番号のIP電話 よりも良い (050番号は携帯電話と同等の品質、ひかり電話は通常の電話回線と同等の品質)
  • 050番号のIP電話 は、インターネットを経由するが、ひかり電話 は ひかり電話専用のIPネットワーク を経由する
  • ひかり電話 は普通の電話回線同様の、0ABJ番号を利用できる

 

050番号との一番大きな違いは、やはり元の電話番号が使えるという点ですね。

 

 

スポンサーリンク

普通の電話回線に比べて、月額料金と通話料金が安い

月額料金と通話料金が安くなります

ひかり電話を導入する一番のメリットは、月額基本料金と通話料金が安くなることでしょう。

 

 

月額基本料金が安い

ひかり電話のタイプ 基本契約単位 月額基本料金
ひかり電話 1番号・1チャネル 550円

(税抜価格 500円)

ひかり電話オフィスタイプ 1番号・3チャネル 1,430円

(税抜価格 1,300円)

ひかり電話オフィスA 1番号・1チャネル 1,210円

(税抜価格 1,100円)

 

会社で主に利用されるのは、ひかり電話オフィスタイプか、ひかり電話オフィスAのいずれかになります。

 

ビジネスフォン・PBXに収容する本数が多いほど、普通の電話回線よりも、月額基本料金の割安感が増します。

 

 

通話料金が安い

相手先 料金 (税込) 通話時間
固定電話 8.8円

(税抜価格 8円)

3分
携帯 (ドコモ) 17.6円

(税抜価格 16円)

1分
携帯 (KDDI・ソフトバンク) 19.25円

(税抜価格 17.5円)

1分
050番号のIP電話 11.55円/11.88円

(税抜価格 10.5円/10.8円)

3分
アメリカ合衆国 9円 1分
中国 30円 1分
韓国 30円 1分

 

遠距離や携帯、海外への通話が多ければ多いほど、ひかり電話を導入するメリットが高いといえます。

 

 

オプションサービスが安い

回線 オプションサービス 月額料金 (税込) 契約単位
アナログ・INS ダイヤルイン 880円

(税抜価格 800円)

1番号ごと
INS64回線 iナンバー

(2番号時)

330円

(税抜価格 300円)

合計2番号
INS64回線 iナンバー

(3番号時)

440円

(税抜価格 400円)

合計3番号
ひかり電話 追加番号 110円

(税抜価格 100円)

1番号ごと

 

アナログ回線 や INS回線 の、ダイヤルイン や iナンバー などのサービスは、ひかり電話では 追加番号 というサービスに置き換わっています。

 

1番号ごとの月額料金も 110円(税抜 100円)となっているので、電話番号を多く取得したい場合は、ひかり電話にすると、とても割安になります。

 

 

 

スポンサーリンク

ひかり電話のビジネスフォン・PBXへの接続方法

ひかり電話をビジネスフォン・PBXに収容する方法は、多くの場合、VOIPゲートウェイを使用します。

 

VOIPゲートウェイとは、音声とパケットの相互変換を行い、IPネットワークを経由して、通話が出来るように処理をする装置です。

 

VOIPゲートウェイにも様々な種類があります。

 

  • アナログ回線
  • INS64回線のT点 相当
  • INS1500回線 相当

 

どの接続方法が一番ビジネスフォン・PBXに収容しやすいかは、設置状況によって変わりますが、基本的には、現在使用中の電話回線の収容方法に合わせる形になります。

 

 

1. アナログ回線として接続

VOIPゲートウェイでアナログ回線に変換後、ビジネスフォン・PBXのアナログ回線パッケージに収容します。

 

 

2. INS64回線のT点相当として接続 (BRI接続)

VOIPゲートウェイでINS64回線のT点相当に変換後、4芯の電話線でビジネスフォン・PBXのINS64回線パッケージに収容します。

 

T点での接続になるので、DSUは必要ありません。

 

 

3. INS1500回線相当として接続 (PRI接続)

VOIPゲートウェイでINS1500回線相当に変換後、4芯の電話線でビジネスフォン・PBXのINS1500回線パッケージに収容します。

 

 

4. LANケーブルで接続 (LAN直収)

光回線が接続されているONUから、LANケーブルでビジネスフォン・PBXのVOIPパッケージに接続します。

 

VOIPゲートウェイが必要ないので、VOIPゲートウェイの機器料金 (またはレンタル料金) は不要です。

 

 

スポンサーリンク

最後に

ひかり電話は現在もっとも多く使われているIP電話サービスのひとつです。

 

既存の電話番号をそのまま利用でき、月額の料金が安くなるので、ひかり電話への乗り換えは年々すすんでいます。

 

「ひかり電話を使うためには、ビジネスフォンを新しくしないと利用できません」

 

というようなことを、営業から言われることがあるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

 

古いビジネスフォンでも接続できるように、ちゃんとVOIPゲートウェイが用意されてますからね。

 

↓↓電話のトータルコストを抑えたい方は↓↓

 

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました