【迷惑電話フィルタサービス】着信音を鳴らさずにブロックできる!

おすすめ製品

迷惑電話は、着信音も鳴らして欲しくない!

 

迷惑電話は、相変わらず全国で続いています。

 

これに対応して迷惑電話への対処法も進み、今では怪しい電話には出ないという方も多くなったと思います。

 

しかし、迷惑電話はその着信音自体がストレスという方も多いでしょう。

 

迷惑電話とわかっているならば最初から着信音を鳴らさず、知らないうちに自動的に切って欲しい。

 

そのような要望もあると思います。

 

また迷惑電話には出なければ良いと割り切っている方でも、いちいち着信拒否の設定をするのは煩わしいものです。

 

できれば自分の気づかないうちに迷惑電話を拒否して欲しいという要望もあるでしょう。

 

最近の家庭用電話機の中には、このような要望を叶えるサービスが搭載されています。

 

この記事では、「迷惑電話フィルタサービス」と呼ばれているサービスの実力と注意点について、解説していきます。

 

なお、本記事で記載する料金は、すべて税抜です。


 

スポンサーリンク

1. 迷惑電話フィルタサービスの実力

トビラシステムズ株式会社
トビラシステムズ株式会社は、迷惑電話をはじめとするセキュリティ領域の課題解決をテクノロジーの力で実現するため、研究開発を進め、日々、製品開発に取り組んでいます。 誰もが安心して暮らせる社会、便利で効率的な生活。そんな未来へつながるトビラを開きます。

 

迷惑電話フィルタサービスは、トビラシステムズが提供するサービスです。

 

着信音を鳴らさずに迷惑電話をブロックする点が画期的です。

 

1-1. 着信音を鳴らさずにブロックできる理由は?

 

着信音を鳴らさずにブロックする秘訣は、あらかじめ電話機本体に迷惑電話のリストを持っているためです。

 

このリストは、警察や自治体等から提供される迷惑電話番号情報をもとに、トビラシステムズの迷惑電話データベースに保管されているものを、1日1回電話機にダウンロードすることにより入手しています。

 

電話を着信した際、このリスト内に発信元の電話番号がある場合は、「恐れ入りますが、この電話はおつなぎできません」等のメッセージを流し、着信音を鳴らすことなく電話を自動的に切ってくれるサービスです。

 

この電話機をお持ちの方は、迷惑電話がかかってきても着信音が鳴らないため、かかってきたことすら知らなくて済みます。

 

これにより、安心して日々を過ごすための一助となります。

 

 

1-2. 機能が搭載されている電話

この機能は次の機種に搭載されています。

 

Panasonic製

VE-GD60DL

 

VE-GD60DW

 

VE-GD66DL

 

VE-GD66DW

 

VE-GZ61DL

 

VE-GZ61DW

 

シャープ製

JD-AT81CL

 

JD-AT81CW

 

このように迷惑電話フィルタサービスを搭載した機種は、今後増える可能性がありますので、各メーカーのサイトもあわせてご確認ください。

 

 

1-3. 利用料金

 

迷惑電話フィルタサービスを使うための料金は、以下の通りです。

 

1-3-1. 購入時、加入時の料金

迷惑電話フィルタサービスを搭載する電話機の料金だけとなります。

 

1-3-2. 毎月の料金

迷惑電話フィルタサービスの利用料は無料ですが、通信費として毎月310円程度がかかります。

 

迷惑電話フィルタサービスを搭載した電話機は、1日1回迷惑電話データベースから迷惑電話番号リストをダウンロードしています。

 

この費用として、日々10円程度(税抜)の通信料が必要です。

 

また手動で迷惑電話番号リストの更新を行った場合も、その都度10円程度の通信料が必要となります。

 

迷惑電話番号リストのダウンロード費用は、毎月の電話料金にナビダイヤルの使用料として請求されます。


 

スポンサーリンク

2. 迷惑電話フィルタサービス搭載の電話機、このような方におすすめ

 

迷惑電話フィルタサービスを搭載した電話機は、高齢者だけの家庭や、一人暮らしの女性におすすめです。

 

度重なる迷惑電話は、着信音を聞いただけで不安になるものです。着信音を鳴らさずに迷惑電話をブロックすることにより、迷惑電話が来たことすらわからず、安心して生活することができます。

 

また、電話をよく使う方、忙しい方にもおすすめです。

 

電話の着信音は、多少なりとも作業の中断原因となります。

 

電話が頻繁に鳴るようでは、作業にならない方も少なからずいるでしょう。

 

着信音を鳴らさずに迷惑電話をブロックすることにより、あなたの行うべき本来の業務に集中することができます。

 

 

スポンサーリンク

3. 迷惑電話フィルタサービスを利用する際の注意点

 

迷惑電話フィルタサービスを利用する際には、以下の点に注意が必要です。

 

3-1. ナンバーディスプレイサービスへの加入が必須

迷惑電話フィルタサービスを利用するためには、迷惑電話の電話番号を表示させる機能が必要です。

 

そのため、ナンバーディスプレイサービスへの加入が必須となっています。

 

このサービスを利用するためには、家庭用の加入電話の場合、工事費として2,000円、毎月400円の利用料が必要です。

 

3-2. 日々10円程度の通信料が必要です

「1-3. 利用料金」で記載した通り、日々10円程度の通信料が必要です。

 

月間では310円程度となります。

 

この料金は、ナビダイヤルの利用料金として月々の電話料金とともに請求されます。


 

スポンサーリンク

まとめ

ここまで、着信音を鳴らさずに迷惑電話をブロックする「迷惑電話フィルタサービス」について解説してきました。

 

迷惑電話がかかってきたことにすら気づかないことにできるサービスは、まさに画期的なものといえるでしょう。

 

迷惑電話とわかっていても、着信音が鳴ることは煩わしいものです。

 

お年寄りや女性なら、不安になる方も多いのではないでしょうか。

 

このような煩わしさや不安も一掃し、安心して日々を過ごせるサービスが、迷惑電話フィルタサービスといえるでしょう。

 

迷惑電話フィルタサービスを利用するには、ナンバーディスプレイサービスと併せて月額710円程度の費用がかかります。

 

年間8,500円程度となりますが、これで安心を買えるならば安いものと思われる方も多いのではないでしょうか。

 

安心して日々を送るために、検討されると良いでしょう。

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。