ビジネスフォンから外線に電話したい!外線のかけ方のまとめ

ビジネスフォン・PBXから外線に電話したい。

  • ボタンがありすぎて、かけかたがよくわからない
  • かけかたは知ってるけど、短縮とかは使ってない
  • 今よりもっと楽に電話をかけたい

というわけで、ビジネスフォンからの外線のかけかたをまとめてみました。

スポンサーリンク

毎度おなじみ「0+電話番号」でかける

  1. 受話器を上げる
  2. 【0】をダイヤル
  3. 受話器から「ツー」という局線トーンが聞こえる
  4. 相手先の電話番号をダイヤル
  5. 受話器から「プルルル」という呼出音(リングバックトーン)が聞こえる
  6. 相手が応答すると通話になります

定番のかけかたですね。

1. 受話器を上げる

受話器を上げます。

2. 【0】をダイヤル

受話器を上げると「ツ・ツ・ツ」という内線トーンが聞こえます。

この状態で【0】をダイヤルします。

3. 受話器から「ツー」という局線トーンが聞こえる

【0】をダイヤルすると、空いている外線を捕捉します。(図では外線xx-xxxx-3333を捕捉)

外線が捕捉されると、「ツー」という局線トーンが受話器から聞こえます。

4. 相手先の電話番号をダイヤル

局線トーンが聞こえたら、相手先の電話番号をダイヤルします。(図では090xxxxxxxxをダイヤル)

5. 受話器から「プルルル」という呼出音(リングバックトーン)が聞こえる

相手の番号をダイヤルすると、受話器から「プルルル」という呼出音が聞こえます。

呼出音はリングバックトーン(RBT)とも呼びます。

6. 相手が応答すると通話になります

相手が呼出に応答すると、外線通話になります。

ビジネスフォンで使っている内線電話機から、外線にかけるときはまず「0」をダイヤル。だけど、なぜ「0」をダイヤルしなければいけないのかよくわからない。そんな方もいらっしゃるかと思います。というわけで、ビジネスフォンの「0」発信について説明しま

受話器をおいたまま「スピーカボタン+0+電話番号」でかける

  1. スピーカボタン(モニタボタン)を押す
  2. 【0】をダイヤル
  3. 電話機のスピーカーから「ツー」という局線トーンが聞こえる
  4. 相手先の電話番号をダイヤル
  5. 電話機のスピーカーから「プルルル」というリングバックトーンが聞こえる
  6. 相手が応答したら受話器を上げて通話します

手がふさがっているときに便利なかけ方です。

1. スピーカボタン(モニタボタン)を押す

電話機のスピーカボタン(もしくはモニタボタン)を押します。

2. 【0】をダイヤル

スピーカボタン(モニタボタン)を押すと、電話機のスピーカーから「ツ・ツ・ツ」という内線トーンが聞こえます。

この状態で【0】をダイヤルします。

3. 電話機のスピーカーから「ツー」という局線トーンが聞こえる

【0】がダイヤルされると、空いている外線(図ではxx-xxxx-3333)を自動的に捕捉します。

外線が捕捉されると、電話機のスピーカーから「ツー」という局線トーンが聞こえます。

4. 相手先の電話番号をダイヤル

「ツー」という局線トーンが聞こえる状態で、相手先の電話番号(図では090xxxxxxxx)をダイヤルします。

5. 電話機のスピーカーから「プルルル」というリングバックトーンが聞こえる

電話番号をダイヤルすると、スピーカーから「プルルル」という呼出音(リングバックトーン)が聞こえます。

6. 相手が応答したら受話器を上げて通話します

相手が応答したら受話器を上げます。

受話器を上げるとスピーカーから受話器へと音が切り替わり、外線との通話になります。

ビジネスフォンで使っている内線電話機から、外線にかけるときはまず「0」をダイヤル。だけど、なぜ「0」をダイヤルしなければいけないのかよくわからない。そんな方もいらっしゃるかと思います。というわけで、ビジネスフォンの「0」発信について説明しま

受話器をおいたまま「0+電話番号」でかける

  1. 受話器を置いたまま【0】をダイヤル
  2. 相手先の電話番号をダイヤル
  3. 受話器を上げる
  4. 電話機の受話器から「プルルル」というリングバックトーンが聞こえる
  5. 相手が応答すると通話になります

ビジネスフォン・PBXが、プリセットダイヤルという機能に対応していれば、できるかけ方です。

1. 受話器を置いたまま【0】をダイヤル

受話器を置いた状態で【0】をダイヤルします。

2. 相手先の電話番号をダイヤル

続けて相手先の電話番号(図では090xxxxxxxx)をダイヤルします。

3. 受話器を上げる

ダイヤルが終わったら受話器を上げます。

4. 電話機の受話器から「プルルル」というリングバックトーンが聞こえる

受話器を上げるとダイヤルされた内容で自動的に発信され、受話器から「プルルル」と呼出音(リングバックトーン)が聞こえます。

5. 相手が応答すると通話になります

相手が呼び出しに応答すると通話になります。

ビジネスフォンで使っている内線電話機から、外線にかけるときはまず「0」をダイヤル。だけど、なぜ「0」をダイヤルしなければいけないのかよくわからない。そんな方もいらっしゃるかと思います。というわけで、ビジネスフォンの「0」発信について説明しま

「外線ボタン+電話番号」でかける

  1. 外線ボタン を押す
  2. 電話機のスピーカーから「ツー」という局線トーンが聞こえる
  3. 相手先の電話番号をダイヤル
  4. 電話機のスピーカーから「プルルル」というリングバックトーンが聞こえる
  5. 相手が応答したら受話器を上げて通話します

直感的でわかりやすいかもしれませんね。

※ビジネスフォンの設定によっては、外線ボタンを押しても発信できない場合があります。

1. 外線ボタン を押す

受話器を置いた状態で、外線ボタン(図では外線3333)を押します。

2. 電話機のスピーカーから「ツー」という局線トーンが聞こえる

外線ボタンを押すと、該当する電話回線(図ではxx-xxxx-3333)が捕捉されます。

電話機のスピーカーからは「ツー」という局線トーンが聞こえます。

3. 相手先の電話番号をダイヤル

「ツー」という局線トーンが聞こえる状態で、相手先の電話番号(図では090xxxxxxxx)をダイヤルします。

4. 電話機のスピーカーから「プルルル」というリングバックトーンが聞こえる

電話番号をダイヤルすると、相手の呼び出しを行います。

電話機のスピーカーからは「プルルル」という呼出音(リングバックトーン)が聞こえます。

5. 相手が応答したら受話器を上げて通話します

相手が呼び出しに応答したら、受話器を上げます。

受話器を上げると音声がスピーカーから受話器へと切り替わり、相手との外線通話になります。

ビジネスフォン・PBXの多機能電話機のファンクションキーに割りつけられた外線ボタンを押して外線発信を行います。外線ボタンは多機能電話機のファンクションキーに割り付けられるビジネスフォン・PBXの多機能電話機にはファンクションキーが実装されて

「発信ボタン+電話番号」でかける

  1. 発信ボタン を押す
  2. 電話機のスピーカーから「ツー」という局線トーンが聞こえる
  3. 相手先の電話番号をダイヤル
  4. 電話機のスピーカーから「プルルル」というリングバックトーンが聞こえる
  5. 相手が応答したら受話器を上げて通話します

※発信ボタンがある電話機でのみできるかけ方です。

1. 発信ボタン を押す

受話器を置いた状態で、発信ボタンを押します。

2. 電話機のスピーカーから「ツー」という局線トーンが聞こえる

発信ボタンを押すと、空いている外線を自動的に捕捉します。(図ではxx-xxxx-3333を捕捉)

外線を捕捉すると、電話機のスピーカーから「ツー」という局線トーンが聞こえます。

3. 相手先の電話番号をダイヤル

「ツー」という局線トーンが聞こえる状態で、相手先の電話番号(090xxxxxxxx)をダイヤルします。

4. 電話機のスピーカーから「プルルル」というリングバックトーンが聞こえる

相手の電話番号をダイヤルすると、相手を呼び出し、電話機のスピーカーから「プルルル」と呼出音(リングバックトーン)が聞こえます。

5. 相手が応答したら受話器を上げて通話します

相手が呼び出しに応答したら、受話器を上げます。

受話器を上げると電話機のスピーカーから聞こえていた音が受話器へと切り替わり、外線との通話になります。

ビジネスフォン・PBXの多機能電話機についている発信ボタンを押して外線発信を行います。発信ボタンを押して開いている外線を自動的に捕捉ビジネスフォン・PBXには次のような電話回線が外線として収容されます。 アナログ回線 INS64回線

「短縮+メモリ番号」でかける

  1. 短縮ボタン を押して メモリ番号 をダイヤル
  2. 受話器を上げる
  3. 受話器から「プルルル」というリングバックトーンが聞こえる
  4. 相手が応答したら通話になります

※短縮での発信は、ビジネスフォンの種類や設定によって異なります。

1. 短縮ボタン を押して メモリ番号 をダイヤル

受話器を置いた状態で、短縮ボタンを押します。続けて短縮のメモリ番号(図では015)をダイヤルします。

短縮のメモリ番号015には相手の電話番号があらかじめ登録されています。

2. 受話器を上げる

短縮ダイヤルの操作が終わったら受話器を上げます。

3. 受話器から「プルルル」というリングバックトーンが聞こえる

受話器を上げると、空いている外線(xx-xxxx-3333)を捕捉し、短縮メモリに登録された電話番号に自動的に発信します。

受話器からは「プルルル」という呼出音(リングバックトーン)が聞こえます。

4. 相手が応答したら通話になります

相手が呼出に応答すると通話になります。

ビジネスフォン・PBXの短縮ダイヤルに登録してある外線を選択して、外線発信を行います。短縮ダイヤルを上手に活用しましょうビジネスフォン・PBXには短縮ダイヤル機能が実装されています。短縮ダイヤルを活用することで、外線発信を効率良く行うことが

「ワンタッチボタン」でかける

  1. 受話器を上げる
  2. ワンタッチボタン を押す
  3. 受話器から「プルルル」というリングバックトーンが聞こえる
  4. 相手が応答すると通話になります

※あらかじめワンタッチボタンに電話番号を登録しておく必要があります。

※ビジネスフォンの設定によっては、ワンタッチボタン がない場合があります。

1. 受話器を上げる

電話機の受話器を上げます。

2. ワンタッチボタン を押す

相手先の電話番号(090xxxxxxxx)が登録されているワンタッチボタンを押します。

3. 受話器から「プルルル」というリングバックトーンが聞こえる

ワンタッチボタンを押すと、空いている外線(xx-xxxx-3333)を捕捉し、ワンタッチに登録されている電話番号に自動的に発信します。

受話器からは「プルルル」という呼出音(リングバックトーン)が聞こえます。

4. 相手が応答すると通話になります

相手が呼出に応答すると通話になります。

よくかける相手の電話番号を多機能電話機のファンクションキーにワンタッチボタンとして登録し、ワンタッチボタンを押すだけで外線発信を行います。ワンタッチで外線発信できる名前の通り、ボタンを1度押すだけで相手に電話をかけられる機能です。多機能電話

「リダイヤルボタン」でかける

  1. 受話器を上げる
  2. リダイヤルボタン を押す
  3. 受話器から「プルルル」というリングバックトーンが聞こえる
  4. 相手が応答すると通話になります

リダイヤルボタンを押すと、直前にかけた電話番号に自動的に発信します。

※リダイヤルでの発信は、ビジネスフォンの種類や設定によって異なります。

1. 受話器を上げる

電話機の受話器を上げます。

2. リダイヤルボタン を押す

リダイヤルボタンを押します。

3. 受話器から「プルルル」というリングバックトーンが聞こえる

リダイヤルボタンを押すと、直前にかけた電話番号に自動的に発信します。

4. 相手が応答すると通話になります

相手が応答すると通話になります。

ビジネスフォン・PBXのリダイヤル機能を使うと内線電話機から前回にかけた相手の電話番号へすぐに発信することができます。前回かけた相手にすぐに発信できるリダイヤル機能を使うと前回にかけた相手の電話番号にすぐにかけることができます。リダイヤルの

「着信履歴/発信履歴」でかける

  1. 着信履歴ボタン もしくは 発信履歴ボタン を押す
  2. 上下ボタン で履歴を検索する
  3. 決定ボタン で履歴を選択する
  4. 受話器を上げる
  5. 受話器から「プルルル」というリングバックトーンが聞こえる
  6. 相手が応答すると通話になります

※ビジネスフォンによっては、着信履歴ボタン・発信履歴ボタン がない場合があります。

1. 着信履歴ボタン もしくは 発信履歴ボタン を押す

受話器を置いた状態で着信履歴ボタン(もしくは発信履歴ボタン)を押します。

2. 上下ボタン で履歴を検索する

電話機の液晶画面に履歴のリストが表示されるので、上下ボタンで履歴を探します。

3. 決定ボタン で履歴を選択する

目当ての履歴を見つけたら、決定ボタンで選択します。

4. 受話器を上げる

履歴を選択したら受話器を上げます。

5. 受話器から「プルルル」というリングバックトーンが聞こえる

受話器を上げると、空いている外線(xx-xxxx-3333)を捕捉し、履歴の電話番号へ発信します。

受話器からは「プルルル」と呼出音(リングバックトーン)が聞こえます。

6. 相手が応答すると通話になります

相手が呼出に応答すると通話になります。

ビジネスフォン・PBXの多機能電話機でも携帯電話と同じように発信履歴、着信履歴から電話番号を選んで外線発信することができます。携帯電話と同じような感覚で履歴から発信します携帯電話では使用しているうちに発信履歴、着信履歴が蓄積され、それらの履

ISDN回線やIP電話でかけるときは、最後に【#】をダイヤルする

ISDN回線 (INS64回線・INS1500回線) のようなデジタル回線や、 IP電話(ひかり電話、050番号など) などから外線をかけるときは、相手先の電話番号の最後に#】をダイヤルすると、その時点で外線発信を行います。

(例)0発信で最後に【#】をダイヤル

  1. 受話器を上げる
  2. 【0】をダイヤル
  3. 受話器から「ツー」という局線トーンが聞こえる
  4. 相手先の電話番号 をダイヤル
  5. 最後に【#】をダイヤル
  6. 受話器から「プルルル」というリングバックトーンが聞こえる
  7. 相手が応答すると通話になります

電話番号をダイヤルし終わっても、なかなか発信しない時は、最後に【#】を押してみましょう。

1. 受話器を上げる

電話機の受話器を上げます。

2. 【0】をダイヤル

外線発信特番の【0】をダイヤルします。

3. 受話器から「ツー」という局線トーンが聞こえる

【0】をダイヤルすると、空いている外線を自動的に捕捉します。

外線が捕捉されると、受話器からは「ツー」という局線トーンが聞こえます。

4. 相手先の電話番号 をダイヤル

「ツー」という局線トーンが聞こえている状態で、相手先の電話番号(090xxxxxxxx)をダイヤルします。

5. 最後に【#】をダイヤル

ひかり電話やISDN回線(INS64回線、INS1500回線)の場合、電話番号だけではすぐに発信しないことがあります。

電話番号をダイヤルしたあと、最後に【#】をダイヤルすることで、すぐに発信動作へと移行します。

6. 受話器から「プルルル」というリングバックトーンが聞こえる

相手を呼び出すと受話器から「プルルル」という呼出音(リングバックトーン)が聞こえます。

7. 相手が応答すると通話になります

相手が呼出に応答すると通話になります。

最後に

ビジネスフォンの機種や設定などによって、外線のかけ方は違ってきますが、上記のいずれかの方法で外線にかけられることと思います。

その中でも定番は「0+電話番号」、これで間違いなし?でしょう。

ビジネスフォンで使っている内線電話機から、外線にかけるときはまず「0」をダイヤル。だけど、なぜ「0」をダイヤルしなければいけないのかよくわからない。そんな方もいらっしゃるかと思います。というわけで、ビジネスフォンの「0」発信について説明しま

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280
336×280
おすすめトピック



スポンサーリンク
336×280